次回は1/20(土)
 
 
 
 
 
 

Topicsトピックス

本校専任教員の原著論文が国際ジャーナルに掲載されました

2017-08-04
注目
杉本先生の原著論文のアブストラクトです。
Wiiリモコンで振動刺激を作成するシステムを検証されました。
大阪府柔道整復師会専門学校の専任教員である 杉本 恵理 先生の原著論文が、国際的なジャーナルであるオランダ発の The Open Psychology Journal , 2017,10,118-126 にこの度掲載されました。世界中の方々が閲覧可能な Open Journal への論文掲載であるため、この原著論文は世界デビューを果たしたといっても過言ではありません。 論文のタイトルは日本語訳すると「Wiiリモコンを用いた触覚閾値研究のための振動触覚刺激システムの検証」といったところでしょうか。以前先生は、日本運動生理学会誌に「閾値付近の遠隔振動刺激がヒトの触2点閾に及ぼす効果」を発表されましたsmiley。その実験時、Wii リモコンで発生させた振動を測定用机の天板で振動させ、その天板を介して被験者の手に振動刺激を提示、振動は加速度センサーを使用して検出、その出力をA/D変換後にMacOSにて記録する方法を作成して実験を行われました。今回は、それを応用した「振動刺激システムの検証」を論文にまとめられた形です。詳細は以下のURLからもご覧頂けますので、是非ご確認下さい
本校は専門学校でありながらも、文部科学省が卒業時に称号付与して下さる高度な医療人の証である高度専門士に相応しい、研究論文の作成方法も本格的に指導してもらえる学校です。これからは、自身の技術や専門性を、論文として担保する時代です。高度な医療人を育成する全国唯一の4年制。あなたもこのような学校で、柔道整復師を目指しませんか他では経験できないことがココにはありますよ
 
論文はこちらからbenthamopen.com—TOPSYJ-10-118.pdf