VCOJTA BLOGブログ

柔道サークル年内活動納め

2014-12-18

大阪府柔道整復師会専門学校では、12月17日(水)の放課後、柔道サークルの活動納めを行いました。

毎週水曜日の放課後、本校5階の柔道場にて活動している柔道サークル。活動納めであるこの日は、サークルの部員全員で総当たりの、個人戦の試合を行いました。

 

楽しい活動の中でも、試合の時は真剣そのもの白熱した熱戦を見せて頂きました。

 

この柔道場は、かつては全日本オリンピックの女子強化合宿にも使われた、由緒正しき格式のある道場です。少年少女柔道大会など、各種大会にも現在も使用されています。

 
天井の高い、観客席もある大きな柔道場があるのも、本校が 公益社団法人 大阪府柔道整復師会という業界最大規模の団体が運営母体だからです。
 
他校の柔道場とは一線を画す広さと歴史です。こんな素敵な柔道場で、皆さんも一緒に汗を流してみませんか

高校様へお邪魔して「職業体験」や「職業講話」を開催しております!!

2014-12-12

大阪府柔道整復師会専門学校では現在、いろいろな高校様へ本校の専任教員がお邪魔をし、『職業体験』や『職業講話』を開講しております。

 

その目的は、“柔道整復師”に関し、一般的には本来の業務に対する認識がまだまだ得られていない現状もあり、公益社団法人の学校として、正しい理解、知識を深めてもらうことを目的に、接骨院・整骨院への正しいかかり方などを説明させて頂くことです。

 

また、実際の業務等については、高校の皆さんからのリクエストが多い、スポーツトレーナーの現状のお話や、運動器のお話しなどをさせて頂きながら、負傷の瞬間を動画も交えながら説明、高校生でも分かりやすく解説をさせて頂き、毎回高評を頂いております。

 

公益社団法人 大阪府柔道整復師会の会員の先生方で、高校の先生とお知り合いの柔道整復師の先生がおられましたら、また、母校へ講話等を紹介できるなど、本校にご協力頂ける先生がおられましたら、是非ともご紹介下さい。

 

また、直接高校の先生であられ、是非本校でも講話等を開催して欲しい等のご希望がおありでしたら、06-6444-4171の担当:ケヤキまで遠慮なくご連絡下さい!!
メールでは、info@osaka-jyusei.ac.jpです。よろしくお願い致します。

第23回日本柔道整復接骨医学会学術大会で発表しました

2014-11-19
平成26年11月29日(土)・30日(日)の日程で、東京大田区産業プラザPioで開催がされました「第23回日本柔道整復接骨医学会 学術大会」にて、本校4期生卒の三ツ山 尚杜さんと、専任教員の杉本 恵理先生が発表をされました。

 

三ツ山さんの発表は、11月29日(土)の午前10時10分~。口頭発表ではトップバッターという順番となりました。杉本先生の発表は、教育分野の発表ということでポスターでの発表。11月30日(日)の午後1時~の発表でした。

 

当日は、本校から富山大学医学部大学院に進学をした3期生の児玉さんとも久々の再会が出来、修士論文作成へ向けたお話などが聞けました。

 

その他多くの先生方とも交流を深め、知識を習得し、実のある学会での2日間でした。

本校は、全国唯一の高度専門士の称号が付与される柔道整復師の養成校です。将来の夢も膨らむ本校で、一緒に勉強してみませんか? 

 

第23回日本柔道整復接骨医学会 学術大会に参加します

2014-11-19
 

平成26年11月29日(土)・30日(日)に、東京の大田区産業プラザPioで開催がされます、「第23回日本柔道整復接骨医学会 学術大会」にて、大阪府柔道整復師会専門学校から、4期生卒業生の三ツ山 尚社さんと、教員の杉本 恵理先生が発表をされます。

 

この学会は、柔道整復師の業界では唯一、日本学術会議に登録がなされている学会である由緒正しき学会です。

また参加で、本校のトリプルライセンスの1つで在学中に取得可能な、「健康運動実践指導者」の登録更新に必要な履修単位の講義3.0単位が認められますので、卒業後も、参加が必須となりそうな学会ですね。

 

東京ということで、参加するには多少遠方となりますが、多くの先生方との出会いや気づきのある大きな学会だと思います。お時間の許す方は、是非ともご参加をして頂ければ幸いです。

卒業生が「第8回大阪学術大会」で活躍しました

2014-11-15
先日ご紹介させて頂きました、11月8日(土)、9日(日)の2日間の日程にて開催された「第8回大阪学術大会」には、本校を巣立っていった卒業生の皆さんも、忙しい臨床の合間をぬって研究発表を行い、大いに活躍をしてくれました。
 
期生の増井 裕亮さんは、「驚愕反応に及ぼす快および不快情動の影響」を発表し、4期生の三ツ山 尚杜さんは、「高校生の運動実施者と非実施者におけるレジリエンススコアの比較と評価」を発表、3期生の秋山 雄亮さん、4期生の井上 知保さん、4期生の伊丹 健雄さん達は共同で「柔道形の投げ動作における初心者と有段者の動作解析」を発表しました。
 
とても興味深く、新規性のある論文で、頼もしい限りでした。
大阪府柔道整復師会専門学校で学んだことを、こうして実践してくれる卒業生は、立派でたくましいです。
 
医療人になるなら、やはり4年制でじっくり学ぶことが、のちの進路や未来に大きく変化をもたらすと思います。国家試験の合格だけが目的ではないはずです。是非とも、本校のカリキュラムで、学んで頂き、真の医療人を目指して欲しいと思います!!
 
卒業生の皆さん、この度は本当にありがとうございました
 
大阪府柔道整復師会専門学校
〒550-0004
大阪府大阪市西区靭本町3-10-3
大阪柔整会館3階
TEL.06-6444-4171
FAX.06-6444-4172

公益社団法人 大阪府柔道整復師会が
専門的医療人を育成することを目的に、公益事業として設立
柔道整復に特化した4年制専門学校