本文へ移動

VCOJTA BLOGブログ

国家資格を保有するインストラクターに!

2020-11-28
カテゴリ:スポーツトレーナー
ワンランク上のトレーナー・インストラクターとして
医療系国家資格を保有することで医学的知識を兼ね備えつつトレーナー・インストラクターとして活躍するのが本校独自の「トリプル資格」です。スポーツ現場で活躍する未来を叶える!
スポーツトレーナー
写真と動画は直前に行った本校での対策実技の様子です。
資格取得
ワンランク上のインストラクターとしての活動を目指しています。
インストラクター
ソーシャルディスタンスをしっかり保ちながら試験対策を行いました。
スポーツ現場で求められる人材へ!
勤労感謝の日である11月23日(月)、大阪府柔道整復師会専門学校の3年生の学生さん達が、健康運動実践指導者の陸上実技試験を受験しました。
 
健康運動実践指導者とは、インストラクターとしての活動を目指す方が受験されることが多いですが、この資格は柔道整復師が保有することも価値があります。それは、資格取得には、スポーツ医学の知識と運動生理学の知識が養成校養成講座にあるため、運動処方の知識と技術を獲得することが出来る点です。
 
柔道整復師も、集団の前で運動指導を行うこともあり、また介護分野では、その指導技術があれば、非常に強い知識と技術を持った機能訓練指導ができます。
 
国が健康増進法を施行した際に厚生労働省が国民の健康づくりをサポートする目的に作った資格です。
 
医学の知識も持ち合わせた健康づくりの運動指導の知識・技能を持ち、自らが健康づくりを目的とした運動プログラムの作成、またそれに基づく指導が出来ることは、将来のスポーツ現場での活躍する未来をさらに広げることが出来ます。
 
資格を保有することで、知識と技能を証明でき履歴書に書けることも、就職活動をする上で非常に重要です。この資格だけでも、病院やクリニックの勤務も可能です。
 
12月はCBTによる筆記試験もあります。引き続き3年生の皆さん、頑張って全員合格を目指しましょう!
大阪府柔道整復師会専門学校
〒550-0004
大阪府大阪市西区靭本町3-10-3
大阪柔整会館3階
TEL.06-6444-4171
FAX.06-6444-4172

公益社団法人 大阪府柔道整復師会が
専門的医療人を育成することを目的に、公益事業として設立
柔道整復に特化した4年制専門学校

TOPへ戻る