本文へ移動

VCOJTA BLOGブログ

行政解剖の現場で解剖実習を行いました

2015-09-02
 大阪府柔道整復師会専門学校の2年生は昨日から、1か月間にわたる「解剖実習」がスタートしました
9月29日(火)まで行うこの実習は、行政解剖の現場でより臨床的な解剖実習を経験するものです
 
通常、柔道整復師の養成校でも医療系大学においても、3年ないし4年のうちにたった1回、しかもホルマリンにて固定された標本のような人体で解剖を見学するのが通常です、しかしそれでは、ただ「見たことがある」だけで終わってしまい、学問を修得する段階までは到底到達しません
 
本校では、形だけの実習で終わらせない為に学内で行う通常講義から法医学教室の先生方の指導下で解剖学を学び、2年生においては1ケ月間という期間でより臨床に即した「行政解剖」の現場で原因究明の為の解剖学を実践的に学びます。
 
このような実習が出来るのは、本校が公益事業として運営する学校で4年制だから実現できることです。
皆さんも、是非本校で本物の技術や知識を獲得してみませんか
きっと卒業後には「差」が生まれていますよ
大阪府柔道整復師会専門学校
〒550-0004
大阪府大阪市西区靭本町3-10-3
大阪柔整会館3階
TEL.06-6444-4171
FAX.06-6444-4172

公益社団法人 大阪府柔道整復師会が
専門的医療人を育成することを目的に、公益事業として設立
柔道整復に特化した4年制専門学校

TOPへ戻る