本文へ移動

VCOJTA BLOGブログ

OSCE(客観的臨床能力試験)が始まる

2015-09-17
大阪府柔道整復師会専門学校の4年生を対象としたOSCEが始まりました。
柔道整復師における医療人教育では、知識・技術・態度の習得が目標とされており、この内の技術・態度の教育は救護現場での実践実習や病院実習、附属整骨院での臨床実習を通しておこなうよう教育プログラムを組んでいます。

しかしその際、学生の臨床能力「評価」は実習指導者に委ねられていることがあり、その評価は時として基準が一定ではない場合もあります。そこで本校では、卒業を迎える4年生を対象とし学生の臨床能力を客観的に捉える手法として医学部で使用されている 「OSCE 」を基に本学オリジナルで作成した柔道整復師のOSCE を学生教育に取り入れています 
 
Objective Structured Clinical Examination(OSCE)とは、実際に柔道整復師が医療現場でおこなっている場面を設定して学生の能力を高める試験のことです。まず最初にOSCE課題の訓練をおこない、臨床能力の到達水準をチェックし、学生個々に指導をしています。学生さんは、模擬患者役の学生さんに対して医療人面接を行い、検査を行いながら評価をし病態を把握。それに対する適切な柔道整復術での施術をし、固定、指導管理までをトータルで行うことが要求されます。
 
本校ではこのような、より実践的な教育を多彩な実習と共に行う環境が整っております。
柔道整復師として医療を一生の仕事にするなら、是非本校をお選び下さい
 
大阪府柔道整復師会専門学校
〒550-0004
大阪府大阪市西区靭本町3-10-3
大阪柔整会館3階
TEL.06-6444-4171
FAX.06-6444-4172

公益社団法人 大阪府柔道整復師会が
専門的医療人を育成することを目的に、公益事業として設立
柔道整復に特化した4年制専門学校

TOPへ戻る