世界標準のスポーツトレーナを目指す。
「たとえ小さな一歩でも、昨日より確実に前へと進んでいること。」
それこそが、わたしたち大阪府柔道整復師会専門学校
のモットーです。
スポーツトレーナーを目指す時でもそのモットーは同じ。 同じ目指すなら国内に留まらず、世界標準を目指したい。そんな学生さんの思いにこたえるべく世界中どこでも通用する国際トレーナーの資格取得をサポートする体制を整えています。

 
NSCA認定ストレングス&コンデショニングスペシャリスト(CSCS)を目指す。
 
AT(アスレテックトレーナー)では通用しません。オリンピックに帯同できるようなインターナショナルな活躍を目指すなら、この世界標準の国際資格を取得することが重要です。(既存の3年制卒は受験資格もなく、なれません)。
世界挑戦中の卒業生
 
卒業生の森本 崇之さんは、国際ライセンスCSCS資格取得後、アメリカのカルフォルニア州でトレーナーとしての経験を積みながら、アメリカの大学院で勉強中です。
ヨーロッパで修業中
 
卒業生の宮本 平良さんは、NSCA認定国際ライセンスCSCSを取得し現在ドイツ留学中です。海外での一流トレーナーを目指す卒業生には「高度専門士」であることも重要な鍵となります。
アスリートを支えるためには医療系国家資格が必要
誤解されているのは、トレーナーの資格を取れば、プロアスリートを支えるトレーナーになれるとの認識です。
しかし、アスレチックトレーナー(AT)やパーソナルトレーナー資格では、指導や予防は出来ても、ケガの治療やリハビリは出来ないため、現実的には活躍の場も少ないのです。
グローバルに活躍するなら 大阪柔整
目指すは「世界標準」
私たちと一緒に学びませんか?
 
明るく元気な学生さんを募集しています。募集要項はこちらから。