現場救護実習でトレーナのスキルを磨く!

大阪マラソンという大舞台での本格的な救護実習

大阪府柔道整復師会専門学校の毎年の恒例実習となっている、大阪マラソンという大舞台での現場救護活動。これは、本校の1年生~3年生の学生さんと、本校運営母体であります公益社団法人 大阪府柔道整復師会の大阪府下で現在開業中の先生方、学校の教員が一丸となり、大阪マラソンの参加ランナーをサポートする救護活動です。 本校の教育システムは、専門職医療人の育成に力を注ぎ、技能とスキルを身に付ける為に設立した全国で唯一の4年制柔道整復師専門学校です。その1年の違いは、『高度専門士』の称号が付与されるということにありますが、その“高度”という称号を頂く為には、より専門性の高い知識と技術を兼ね備えた医療人を輩出するという文部科学省とのお約束で成り立っています。その為、それに恥じないようなこうした現場での実習はかかせません。

トリプルライセンスの取得への取り組みにより、3年生終了時にはストレッチのプロである専門的職業人となっています。よって3年生は、この救護実習でも、トレーナーとしての活動を行います。

より高度な医療人の育成を目指して本校では、現場を重視する実習を大切にしています。これもすべては、公益社団法人大阪府柔道整復師会が母体だから出来る本校のオンリーワンの強みです。

大阪府柔道整復師会専門学校
〒550-0004
大阪府大阪市西区靭本町3-10-3
大阪柔整会館3階
TEL.06-6444-4171
FAX.06-6444-4172

公益社団法人 大阪府柔道整復師会が
専門的医療人を育成することを目的に、公益事業として設立
柔道整復に特化した4年制専門学校