在校生の声 VOICE!

桧尾 莉野さん(大阪府立大冠高等学校出身)

夢を実現。目指せ開業!

大冠高等学校出身 桧尾 莉野さん
本校を選んだ理由は、柔道整復師の国家資格だけでなく、健康運動実践指導者の運動指導が出来る資格や、トレーナーなどの資格も取れるところに魅力を感じたからです。
また、少人数でしっかり確実に4年で学べて、実習も多く、質問もしやすい環境なのがすごく助かっています。また、学校の中に併設されている整骨院で現場を知ることも出来るので、柔道整復師の仕事をしっかり入学当初からイメージすることが出来るところがいいと思います。私の将来の夢は、整骨院を自分で開業することです!
治療だけでなく、機能訓練指導員としての介護予防などにも貢献したいと考えています。子供からお年寄りまで多くの人を支えることの出来る柔道整復師を目指しています。そのスキルが、ここでは確実に学べるので、この学校はおススメです!

藤原 和輝さん(福知山成美高等学校出身)

全国でここだけ4年制教育

福知山成美高校 野球部出身 藤原和輝さん
柔道整復師に興味をもったきっかけは、少年時代から高校3年生まで野球を続け、今まで様々な怪我を経験し、整骨院にお世話になったことです。たくさんの方々にサポートをして頂き、野球が悔いなくできた分、今度はサポートする側で力を発揮したいと考えてこの道に進みました。
他校と比べ1年多く学べるこの学校での生活は楽しく、レベルの高い知識も得られる学校だと思います。学内の雰囲気は、先輩・後輩がみんな仲良く、勉強で分からないことも相談しやすい環境です。また、先生方や学校の運営組織である業界の会員の先生、役員の先生とも親睦を深められるイベントも豊富で、就職後にも活かせるネットワークが構築できるのも、業界が設立したこの学校ならではのことで気に入っています。1年生から始まる現場での実習や救護実習、臨床実習や基礎医学実習など経験出来ることもいっぱいです。皆さんも、全国でココだけしかないことがいっぱいのこの学校で、経験も知識も豊富に備えた柔道整復師を目指していきましょう!
 
 

長谷川 俊太さん(大阪府立 高石高等学校出身)

プロのスポーツトレーナーを目指して!

大阪府立高石高校出身 長谷川俊太さん
私は将来スポーツトレーナーになりたいと思っています。その為には、予防だけではなく、ケガの評価も治療も出来る勉強と、それが可能な国家資格を持っていることが必要だと、この学校のオープンキャンパスに足を運んだ際に教わりました。
民間の発行するトレーナーだけの資格だと、スポーツ選手が試合中にケガをした際、応急処置も治療もしてあげることが出来ない現実を知りました。法律上、医療系の国家資格で、運動器のプロでなければ、スポーツ選手のサポートやパーソナルトレーナーにはなれないのです。
僕は、柔道整復師という国家資格を取得した上で、運動する方々のサポートやスポーツ選手のサポートが出来るセラピストになりたいと日々勉強に励んでいます。この学校は、既存の柔道整復師の学校とは全く異なり、柔道整復師の資格を目指すと同時に、在学中に運動指導の資格が取れ、応急処置の資格、トレーナーの資格も取れます。資格が与えられる分、その分野の実技実習も多くあります。やることはたくさんありますが、目標が明確で実際の現場でも経験させて頂ける分、毎日が充実しています。皆さんも、全国でこの学校しかないカリキュラムで、一緒にスポーツトレーナーを目指しませんか?夢を実現出来る環境が整っていますよ!

西 正敏さん(精華高等学校 出身)

スポーツ選手に信頼される医療人になる!

精華高等学校出身 西 正敏 さん
私は高校3年間、部活でラグビーをしてきました。高校3年生の時に引退試合に向けチーム一丸となり練習をしてきました。でも、試合目前に練習中に手首を骨折してしまい、引退試合に出れない悔しい思いをしました。練習量が問題だったのか?なんでケガをしてしまったのか?どうすれば早く治るのか?自分で思い悩み、考えるきっかけになりました。そのように落ち込んでいた私に対し、骨折後の経過治療を行ってくれた柔道整復師の先生との出会いが、私の人生を変えるきっかけになりました。悔しくて落ち込み、目標を失いつつあった自分を、励まし支えてくれたのです。
私は、この先生のような柔道整復師になり、スポーツで挫折しそうになっている方や、精神的にも身体的にも落ち込んで人へのサポートが出来るような医療人になりたいと思い、この学校への進学を決めました。この学校は、自分が目指す柔道整復師の資格以外に、ラグビー選手のサポートが出来るような指導者の資格や、スポーツトレーナーの資格も取得できる学校です。卒業後には、さらにスキルアップとして、国際ライセンスも唯一目指すことが出来ることも魅力です。1年多く学ぶには理由があります。是非皆さんもこの学校で学んでみて下さい!

田邊 光志 さん(兵庫県立 柏原高等学校出身)

世界でも活躍できるような柔道整復師をめざします

兵庫県立柏原高校出身 田邊 光志さん
僕が柔道整復師になりたいと思い始めたのは、小学校の時から続けているサッカーを通じて体験した怪我の影響です。
中学生の時、整形外科で腰痛分離症を診断されてから、なかなか自分の満足のいくようなサッカーでの結果が出せなくなりました。病院も転々とした中、整骨院に通いはじめ治療をして頂くことになりました。病院では、電気をあてたり薬をもらったりしていただけだったのですが、整骨院で教わったのは、体幹トレーニングでした。僕はそれをきっかけに、トレーニングという技術に興味をもちました。そしてその整骨院の先生から、柔道整復師という仕事の魅力を教わりました。
この学校は、在学中にストレッチングトレーナーの資格が取れます。まさしく僕が学びたいことが学べる学校だと思いました。また、大阪マラソンなどでの救護実習もさせて頂ける学校です。そんな現場主義のこの学校で、多くのことを学びたいと入学しました。
今は毎日が新鮮で、学校が楽しくて仕方ないです。将来は、海外でもボランティア活動が出来るような柔道整復師になりたいと目標を掲げています。柔道整復師は、海外でもその活躍が目覚ましい資格であると教わりました。僕もいつかはそんな柔道整復師になれるよう頑張りたいです!

佐賀 亮介 さん(大阪産業大学人間環境学部 出身)

地元に貢献できる「整骨院」を開業したい

大阪産業大学 人間環境学部出身 佐賀亮介 さん
私が柔道整復師になりたいと考えるようになったのは、小学校3年生から習っていた体操競技がきっかけでした。練習量が増え、怪我や不調が続くようになり、接骨院・整骨院に通うようになりました。そこで柔道整復師という職業に興味を持ち始めました。
高校3年生の時、体操の練習中に前距腓靭帯を損傷し練習が出来なくなりました。手術を行い病院に入院したこともあり、理学療法士への道も知りました。大学進学時には様々迷ったのですが、結果的にはまずは大学は出ようと人間環境学部のスポーツ健康学科への進学を決めました。
しかし大学卒業後に就職や手に職を付けると考えた時、やはり専門学校に進学したいと大学の在学中から専門学校への入学を決め考えていました。
その時、医師の指示の下で働き、病院勤めの組織人としての道より、病院勤務も可能だけれど、将来は自分の「院」を持てる資格である柔道整復師への道を進むことに決めました。
大学を既に卒業している自分が、3年制での専門学校ではなく、さらに1年多い4年制を選択したのは、技術と知識が豊富に学べ、即戦力の力が身に付く学校であると、他校のオープンキャンパスへ行き、じっくり比較した結果出た結論です。私の望んでいた全てが学べる学校だと確信しました。また、社会人には嬉しい、卒業後の“学び”も提供してもらえるのも魅力の1つです。この学校でじっくり学び、将来は地域貢献が出来る柔道整復師を目指しています。

杉田 枝里 さん(山口県立 岩国商業高校 出身)

女性特有の悩みも解消できる医療人になりたい

山口県立岩国商業出身 杉田枝里 さん
私がこの学校に入学する前は、すでに社会人としてリラクゼーションマッサージを行う関係のお仕事をしていました。リラクゼーションのお店に来るお客様はほとんど女性ばかりで、しかも社会進出し日々頑張る女性達が多く、その中で、不調に苦しんだり、身体的な部分に加え、心の不調も感じるようなお客様も多かったのです。
しかし私には、医学的な知識はなく、勤務先での講習や勉強会等でカラダの仕組みや基礎知識は学べても、お客様に出来ることは限られており、自分の未熟さに悩んでいました。
そこで、いろいろ調べる中で、柔道整復師という医療系国家資格を知り、いくもの学校を見学させて頂きました。その中で一番、将来考える自分の理想像に近づけることが出来る場所が、この4年制の学校だと確信しました。その理由は、他校では絶対にない、1年生入学後すぐからの現場での実習、さらに、3年間に渡って継続して行う救護現場での実習、そして心理学の勉強や栄養学の勉強もしっかり学べるところです。また、就職の際に武器となる資格も、トリプルで取得出来るところが魅力です。皆さんも、キャリアチェンジするには勇気が要りますが、その時は、短く簡単に卒業出来る学校より、身に付く内容を重視して決めることをおススメします。
 
大阪府柔道整復師会専門学校
〒550-0004
大阪府大阪市西区靭本町3-10-3
大阪柔整会館3階
TEL.06-6444-4171
FAX.06-6444-4172

公益社団法人 大阪府柔道整復師会が
専門的医療人を育成することを目的に、公益事業として設立
柔道整復に特化した4年制専門学校