情報公開

個人情報の取扱い

個人情報の取り組みについて

 

大阪府柔道整復師会専門学校では、個人情報の保護が人格の尊厳に由来する基本的要請であることを深く認識し、「個人情報保護に関する規則」を定め、個人情報の取り扱いを厳正に行っています。本学は引き続き法律を遵守し、個人情報を安全かつ適正に管理・運用することに努めます。

 

1.個人情報の収集と利用目的について

個人情報とは、学生、保証人、教職員等について特定の個人が識別され、または識別可能なものをいい、本校では教育研究、学生支援、学校運営上、必要 と認められる個人情報に限り、以下の利用目的のために収集します。

 

2.個人情報の安全管理について

本校は、個人情報が不正に利用されたり、紛失・滅失、改ざんおよび漏洩することのないよう厳重に管理するとともに、個人情報を扱う教員、職員、その他本学の業務に従事する者への管理・教育を行います。

 

3.第三者への提供について

本校は、個人情報を本人の同意なしに第三者に提供することはいたしません。ただし、法律の定める例外(個人情報保護法 第23条第1~4項)については、本人の同意なしに情報を提供することがあります。

 

4.外部委託について

本校からの各種送付物や、データの入力等に関して、業務の全部又は一部を外部委託することがあります。その際、当該個人情報の漏洩、流出、不正利用等がないよう、委託先に対し契約等により、必要かつ適切な管理を義務付けています。

 

1)教育活動その他学校運営の状況

(1)学校の概要、目標及び計画

 

柔道整復師の養成校として唯一4年制であり、活躍のフィールドを広げる為の複合資格の取得に取り組む。公益社団法人大阪府柔道整復師会が運営する。医療人としての人格の陶冶、国民医療と地域社会、国際社会にも貢献できる専門的職業人の育成を目標とし、医療人として柔道整復師の可能性を広げることのできる実践力を身に着けた人材の育成を目指す。伝統を重んじ「ほねつぎ」という職業、柔道整復師という資格を未来永劫残す為の役割を担い、4年制教育課程を活かし企業と積極的に連携を図り臨床実習の充実に取り組む。

 

(2)各学科等の教育

 

「柔道整復師法施行令」及び「柔道整復師学校養成施設指定規則」に基づき教育を行う。

少人数制で4年間のカリキュラム編成は実技・実習教育の充実を図ることを目指し、複合資格取得にも取り組む。「指定規則」による規定内容に準じて運営する。入学選考は学則に基づき適正に行い、入試判定会議において決定する。授業評価は筆記試験・実技試験により成績が評価され、修業年限以上在学し所定の単位を修得した者は、認定会議の審議を経て卒業を認定し卒業証書を授与する。進級は学年毎に配当し開講する授業科目の単位を修得し、総合的な成績評価に基づき、認定会議の審議を経て決定する。成績評価・単位認定については学則、履修進級規定により明確に規定され学生便覧等で周知する。

 

(3)教職員

 

専任教員6名、兼任教員29名、事務職2名が在籍する。担当科目以外に研究活動を行う一部の教員紹介のみであり、今後全員の紹介ができるように取り組む。

 

(4)キャリア教育・実践的職業教育

 

企業や学生のニーズを踏まえ卒業後を見据えたキャリア教育を目指す。複合資格を取得することで接骨院での柔道整復業務だけでなく医療機関での勤務、スポーツ施設や介護施設などで活躍できる人材の養成を目指す。少人数制4年課程を活かして企業と連携し多彩な実習を行い求められる人材、対応できる人材の育成に取り組む。また運営母体である(公社)大阪府柔道整復師会役員による業界説明、就職支援にも取り組んでいる。

 

(5)様々な教育活動・教育環境

 

(公社)大阪柔整師会が運営することから当会が開催する研修会や講演会、救護活動に参加でき、業界説明や柔道整復師が取り扱う療養費等、役員による授業も行われる。業界の現況また柔道整復師について深く理解できるように努める。またサークル活動の充実を図る。

 

(6)学生の生活支援

 

一学年定員30名の少人数制として学年編成し、目の行き届く教育環境を目指す。専任教員は授業や面談を通して生活指導・学習意欲の向上も踏まえて指導に努める。また個々の家庭事情から経済的支援の必要性も高まり、各種奨学金や国の教育ローンなどを紹介し学生支援に当たっている。学習支援としてゼミ・サークル等の課外活動の他、学友会、校友会と連携を図りスキルアップ・フォローアップの研修に取り組む。

 

(7)学生納付金・修学支援

 

奨学金、学費の分納に関し、経済的理由により利用する学生が増加している。個々の家庭環境、経済状況も様々であり、より良い支援の為に奨学金制度の選定・拡充に取り組む。

 

(8)学校の財務

 

(公社)大阪柔整師会が公益事業の1つとして学校運営を行っている。単年度の予算・決算は妥当であり、会計監査については本会が実施する監査の中で適切に行われている。

 

(9)学校評価

 

技・実習教育を柱とし少人数に対応、技術を段階的に4年間積み上げ、より実践力のある職業型医療人の育成を目指す。教育内容だけでなく、教育課程編成委員会及び学校関係者評価委員会での意見を受け止め実践力のある職業型医療人の育成に向けて改善に取り組む。

2)学校関係者評価結果報告

 

職業実践専門課程 基本情報

(2018-03-10・220KB)

(2018-03-10・254KB)

(2018-03-10・190KB)

大阪府柔道整復師会専門学校
〒550-0004
大阪府大阪市西区靭本町3-10-3
大阪柔整会館3階
TEL.06-6444-4171
FAX.06-6444-4172

公益社団法人 大阪府柔道整復師会が
専門的医療人を育成することを目的に、公益事業として設立
柔道整復に特化した4年制専門学校