大阪柔整でトレーナーが現実のものに

トレーナーの “シビア” な現実を知って下さい

実際にトレーナーで就職できるのは 「国家資格者」 です!

世間では、「AT(アスレチックトレーナー)」や「民間発行のトレーナー」の資格を取ればトレーナーとして活躍できるような宣伝や学校広告がありますが、これにはどうか騙されないで下さい。現実として、プロのアスリートやオリンピック級の選手に帯同するトレーナーは、日本では医療系国家資格の取得が必須であり、さらにオリンピック級の選手や一流選手につくトレーナーとして活動するには、NSCA認定の国際ライセンス(CSCS)などを保有しなければ活躍が難しい現実をお伝えしたいのです。本校でもそれを知らずにトレーナーの学校を卒業したのはいいが就職がなく、回り道しての入学生がいます。まずは医療人になることで、初めて活躍の場がある現実をどうか知って欲しいのです!なぜなら雇う側の選手や企業は、選手がケガや不調などの身体に何か不安やある場合に、パーソナルトレーナーに支えて欲しいと思うのが現実です。しかし日本の法律においては、ケガや病気のある場合、人の体に触れることが許されるのは医療系国家資格を持つ「医療人」だけだという現実を皆さんあまりご存じないのです。その証拠に、プロ野球球団やプロサッカーチームに雇われるお抱えのトレーナーも実は医療系国家資格(柔道整復師など)を保有するトレーナーばかり。この事実をどうか皆さんに是非知って頂きたいのです。本校は、柔道整復師の資格取得後、国際ライセンスを取得することでの世界標準のトレーナー育成を目指す学校です。

Sports job 1 アスリートへの運動指導が正しく出来る 養成講座

エアロビクスダンス

レジスタンス運動

ウォーキング・ジョギング

ストレッチング

アクアビクス

体力測定と評価

スポーツ選手の指導に強い 「健康運動実践指導者」 の取得!

プロスポーツ選手に帯同するスポーツトレーナーや、フィットネスやジムで活躍するパーソナルトレーナーになる為に大切なことは、科学的根拠に基づき正しい運動処方が出来て、運動指導が出来ることが必須です。どんなスポーツに関わろうとも、その人にあった運動指導や処方は欠かせません。
本校では、在学中に「健康運動実践指導者」の資格取得が出来る、日本で唯一の柔道整復師の専門学校です。養成講座では、「ウォーキング・ジョギングの運動指導の仕方」や「アクアビクス・水中運動指導の仕方」「エアロビクスダンス」などの運動指導を学びます。運動の基本的なフォームから運動強度の計算方法、エネルギー消費量の計算、栄養学、頻度、時間など、運動指導に必要な知識と指導法を徹底して学び、スポーツ分野での運動指導に、機能訓練指導員としての運動処方に、柔道整復師としてのトレーニング指導に、大変有効な養成講座を展開しています!!
ウォーキングの指導法を学生さんが練習中
授業の1コマ。先生に教わったウォーキングの指導法を学生さんが練習中です。見るとやるの(行う)では大違いです。出来るようになるまで何度も実践します。(をクリックして見てね
 
本校は柔道整復師の国家資格だけでなく、スポーツフィットネスの指導から、アスリートのパフォーマンスを向上させるレーニング指導まで出来る運動指導者を育成しています。
 
これはもちろん介護現場医療 現場でも役立つスキルです。
エアロビクスダンス運動指導実技
水泳・水中運動 運動指導実技
レジスタンス運動指導実技
体力測定と評価法

“大阪柔整の学び” だからこその活躍できるフィールド

Sport job 2 「ストレッチングトレーナー」 の資格を在学中に取る!

健康運動実践指導者という運動指導または処方のプロとしての知識、技術を学びながら、さらにスポーツに分野に強い、ワンランク上のスポーツトレーナーになるために学ぶのが、この「ストレッチングトレーナー」の資格取得講習会です。本校が掲げるトリプルライセンスの柱として取得するもう1つの資格が、このストレッチグトレーナーの資格なのですが、こちらは主に選手のコンデショニングを整え、ケガをしない体づくりをサポートするのに役立つ資格です。本校では在学中にこの資格を取得し、大阪マラソンの救護実習でも実際に行っているプロのストレッチングの方法をきめ細かく学びます。コンデショニングのプロとして、フィットネスの現場やスポーツの現場でのアフターケアとして、介護現場や福祉の現場での機能訓練指導員としての運動療法、プロのアスリートやスポーツ選手のケガの予防やウォーミングアップにもってこいの資格です。これが、本校が医療とスポーツに強く就職に強い理由です。

教えて下さる先生はコチラ! 超一流の現役トレーナー “中島 健太郎 先生”

中島 健太郎 先生
中島 健太郎先生の代表的なご経歴

大学院では、身体の柔軟性に関する研究を行う。研究成果を2014NSCAジャパンS&Cカンファレンスにて発表し、ポスター部門で優秀賞受賞。在学中から高級フィットネスクラブにてエグゼクティブのパーソナルトレー二ングを担当し、大学院修了後はNPO法人日本ストレッチング協会の講師としても活動。研究経験を活かした科学的根拠に基づく運動指導は、クライアントからの信頼も厚く、高い継続率を維持している。日本ストレッチング協会講師 CSCS*D NASM-PES スペシャリスト、NSCAジャパン関西ADセミナーの講師。また月刊スポーツメディスン4月号に取材記事が掲載されるなど、幅広い分野で勢力的にご活躍をされている一流のプロトレーナーの先生です。

大阪府柔道整復師会専門学校
〒550-0004
大阪府大阪市西区靭本町3-10-3
大阪柔整会館3階
TEL.06-6444-4171
FAX.06-6444-4172

公益社団法人 大阪府柔道整復師会が
専門的医療人を育成することを目的に、公益事業として設立
柔道整復に特化した4年制専門学校