本文へ移動

VCOJTA BLOGブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

本校卒業生があらゆる分野で活躍中!

2021-07-21
カテゴリ:柔道整復師,就職
卒業生によるイベントも開催!
就職に強い
11期生 楠野 美樹 先生(本校附属 整骨院勤務)
卒業後に強い
4期生 井上 知保 先生 (井上整骨院 院長)
独立開業
11期生 上西 人文 先生 (くまとり鍼灸整骨院勤務)
病院勤務
6期生 野間 龍太郎 先生 (かわむらクリニック リハビリテーション科 勤務)
独立開業支援
4期生 増井 裕亮 先生(ますい整骨院 院長)
卒業生インタビュー
9期生 藤原 和輝 先生(かわむらクリニック 整形外科 勤務)左 9期生 斎藤 巧馬 先生(斎藤鍼灸整骨院 勤務)右
業界最大規模の公益社団法人、柔道整復師の業界団体である「大阪府柔道整復師会」が直接運営する全国で唯一の学校、それが「大阪府柔道整復師会専門学校」です。

大阪府下で既にご開業されている約1.700名の柔道整復師の先生方よりご支援を受けて設立・運営されているから、就職の幅が広く求人が多いことが特徴の1つです。

また、運営母体は職能団体であるため、行政とのパイプが太く、病院、クリニック、介護、福祉分野からスポーツ、フィットネスの分野まで、多くの連携を有します。

だから大阪柔整の卒業生はあらゆる分野で現在活躍中↓

9月15日(水) 13時~は

【大阪柔整を巣立った先輩から話を聞こう!】
と題して、柔道整復師免許取得後5年を向かえた、9期生 藤原 和輝先生・斎藤 巧馬先生が経験した「リアル」は話を聞くイベントも行います。

卒業後も在校生との交流が盛んで、風通しの良い本校。10年先を考えた学校選び、独立開業、就職、進学、どれをとっても安心ですね!





学生さんのキャンパスライフを紹介!

2021-07-09
カテゴリ:スポーツトレーナー
夢中になれる環境がココにはあります!
就職に強い学校
職業に直結する学びがあるので、学生さんが夢中になれる環境があります!
就職率が高い
創意工夫を行いながら答えを導くアクティブラーニング。学生さんの自主的行動が本校の強みです。
考える力
学生さん同士が仲が良く協力し合える環境も魅力!みんなで成長してゆける環境です。
就職してから使える高い技術と、就職してから武器になる知識を身に付ける学校だから、本校の定員は、1学年30名の徹底した少数精鋭主義です。

初心者の皆さんを、きめ細かい指導で必ずプロへ導くには、旧来型の知識詰込みの一方向型授業だけでなく、学生さんが主体的に学び行動する実践行動型の授業、思考力、考えて行動する力、自己解決能力を身に付けるなどの、社会で行く抜く力を育成する教育に力を入れています。

このようなマンツーマンな指導は、アットホームな学校環境が可能にする本校の強み。

学年を越えて全学年参加で行うイベントや救護実習、実技実習もあるので、学生同士の仲間意識も生まれ、楽しく充実したキャンパスライフが送れます。

また本校では、写真や動画にあるような「アクティブ・ラーニング」をいち早く取り入れており、学生さん一人ひとりの思考を活性化するための授業を積極的に取り入れています。

自分の将来に直結する学びだから、学生さんの取り組みも真剣そのもの。授業以外の朝の時間や放課後の時間に、思い思いの課題に取り組んでくれています!

「大阪柔整」は、学生さんを本気にさせるものがあります。熱心で真剣な学生さんが多い本校を、是非自らの目で確かに来て下さい。

将来の進路や就職のイメージが湧くこと間違いなしですよ♪



外傷治療に対応「臨床実習」!

2021-06-28
カテゴリ:柔道整復師,医療
附属接骨院での臨床実習(3年生)
臨床実習
運動器のケガの治療が得意な柔道整復師。初診の患者様へ問診中の学生。
附属接骨院
先輩柔道整復師の先生の膝関節捻挫の施術を見学し勉強しています。
整骨院業務
肩鎖関節の捻挫の患者さんへ院長指導の下、外傷固定を行います。
柔道整復師の最も専門とする業務はケガの治療、柔道整復術とは何かを説明するとすれば、運動器の皮下損傷に対する「施術」、すなわち、骨、筋、関節を主体とする運動器に各種の外力が加わり、それによって生じる骨折、脱臼、打撲、捻挫や軟部組織損傷の「患部」あるいは「受傷部」に対し施術する行為です。

本校の附属接骨院は立地の良さもあり、生活の中で起こるケガの治療で来院される患者さん、スポーツのクラブ活動中にケガをした生徒さん、トレーニングが趣味で鍛えすぎて負傷してしまったサラリーマンの方など、多くの地域の患者様にご来院頂いております。

柔道整復師の施術は患者さまとの信頼関係、適切な診察(病歴聴取、視診、触診、計測、検査など)を基盤にして、十分な説明と同意のうえに施行されます。

インフォームドコンセント(informed consent)をしっかり行うために実習生は、初診時の実態を詳細に把握し、業務範囲か否かを判断して損傷や障害の程度、残存能力を確認して治療計画を院長に提出します。

院長のチェクからクリティカルパスを指導下で作成したら、その後は当該病態の標準的な治療経過を時間軸に沿ってまとめ施術録に記載、その後は「PDCAを継続」し、問題指向型方式で施術録に記載してゆくことまでをじっくり学びます。

ケガの治療も当然ですが、施術録の記載と支給申請書の記載までを臨床実習現場で学べる施設は、他校ではない魅力の1つです。

皆さんも、本校附属の接骨院での現場臨床実習、スポーツ現場での救護の基本にもなりますので、是非お楽しみにしていて下さいね!






柔道整復師による機能訓練指導に挑戦!

2021-06-23
カテゴリ:柔道整復師,医療
学生さんの接骨院での臨地実習
機能訓練指導
学校附属の接骨院では現在、感染防止対策を講じながら臨床実習を実施中です。
臨床実習
健康運動実践指導者という運動指導の資格も取得するので機能訓練指導にも応用が可能です。
臨地実習
臨床実習はトータル180時間も実施し、実技実習は1032時間も実施、現場対応力の育成に力を入れております。
 2016年に全国柔道整復学校協会監修のテキストに「柔道整復師と機能訓練指導」が追加され、今年で5年が経過しました。柔道整復師は介護保険法成立時に制度の要となる介護支援専門員(ケアマネジャー)の基礎資格として、また介護保険制度実施時には、機能訓練指導員として位置づけられ、介護保険法施行規則の関連職種に位置づけられています。

 柔道整復師は、脱臼・骨折・捻挫・打撲・挫傷の施術を行うことを本来業務としていますが、日本社会の高齢化人口増加により、高齢者の損傷を取り扱う機会が増加し、大腿骨頸部骨折の保存療法での後療などを通し、歩行を中心とした高齢者が一度喪失した日常生活機能を改善させるノウハウを蓄積してきました。

 そのような柔道整復師の伝統的な治療と技術、また、これからの社会でも柔道整復師があらゆる分野で人々のニーズに応え活動できる未来を切り開くため、本校では臨床実習でも、柔道整復業務に留まらず、接骨院に運動器を鍛えることの出来るマシーン、フィットネス器具、エクササイズ器具を設置し、運動機能を高める運動指導を展開しています。

学生さんはそのような充実した環境と施設で、日々臨床実習に授業にと、頑張って活動しながら、患者さんと共に、柔道整復師としての技術、また運動指導の技術を高めています。

女性でも活躍ができる!是非本校の体験入学で、その内容をお確かめにお越し下さい。



学生さんによる研究論文作成!

2021-06-16
カテゴリ:柔道整復師,就職,研究
医療大学 × 専門学校 = 本校
医療大学か専門学校かお悩みの皆さん!経済的負担は軽減しながら、どちらの強みも本校なら学べます!!
大学の研究力や思考力は専門学校では学べない時代は終了。全国唯一の文部科学大臣指定高度専門士養成の専門学校なら可能な二刀流!
大学と専門学校
授業以外の午前や放課後に後輩を被検者にして実験を行っています。
研究力の大阪柔整
学年を越えて交流があり仲が良いのはこのようなチームワークから!
雰囲気が良い学校
遊ぶ時は遊ぶ、真面目に取り組む時は真剣に!それが校風です、
大学と専門学校の二刀流!
 大学に進学した方がいいか?でも学費を考えたら専門学校になるか?など、お悩みの方はおられませんか?

本校は全国で唯一、専門学校でも4年間の学びが可能な、文部科学省高度専門士称号、職業実践専門課程の4年制専門学校です。

大学の強みはずばり「研究力」、論文を読み仮説を立てその仮説を立証して科学的根拠を基とに論ずる基礎を学びます。専門学校の強みはずばり「技術力」、職人を育成することを得意とし即戦力を育成することが本来の姿です。

しかし現在は、専門学校は予備校化し、専門性が乏しいことが問題になっています。既に3年間の教育課程では限界があり、他の医療系職種の専門学校は、4年制にシフトしています。

大学は学問を修めることで卒業が可能ですが、国家試験の合格率が半分(50%)に満たないところが問題視されています。既卒の国家試験合格率は1%台と大変低い現状もあり、卒業はしたが免許がない専門学校の卒業生、大学の卒業生は、昨今増加傾向にあります。

しっかり正しい合格率一覧もご確認し、学校を選んでみてはいかがでしょうか。現役の受験生を既卒の受験者数が上回り逆転している学校も珍しくありません。無免許のまま業界への就職は不可能。卒業しただけでは意味がないのが医療系です。

大学の研究脳と現場対応力を身に付け、確実に免許を取得して卒業する本校、学内の雰囲気と学生さんの情熱を、是非直接自らの目で確かめにお越しになってみて下さい。

医療大学×専門学校=大阪柔整、研究×現場対応力=根拠のに基づく治療、そんな唯一無二の本校の日本一の教育力がご確認頂けると思います!

学校法人ではなく業界直結の業界団体運営だから、学費、資格取得、就職、研究、現場力、どれを選んでも大阪柔整です。
大阪府柔道整復師会専門学校
〒550-0004
大阪府大阪市西区靭本町3-10-3
大阪柔整会館3階
TEL.06-6444-4171
FAX.06-6444-4172

公益社団法人 大阪府柔道整復師会が
専門的医療人を育成することを目的に、公益事業として設立
柔道整復に特化した4年制専門学校

TOPへ戻る