本文へ移動

在校生の声 VOICE!

美座 楓子さん(兵庫県立 伊丹北高等学校出身)

プロのスポーツトレーナーを目指して!

兵庫県立伊丹北高校
兵庫県立伊丹北高校出身 美座 楓子さん
私は高校でスポーツ概論という授業を受講しており、将来スポーツトレーナーになりたいと思っていました。インターネットでこの学校を調べて、この学校の存在を知り、予防だけではなく、ケガの評価も治療も出来る勉強と、それが可能な国家資格を持っていることが必要だと、この学校のオープンキャンパスに足を運んだことで教わりました。
民間の発行するトレーナーだけの資格だと、スポーツ選手が試合中にケガをした際、応急処置も治療もしてあげることが出来ない現実を知りました。法律上、医療系の国家資格で、運動器のプロでなければ、スポーツ選手のサポートやパーソナルトレーナーにはなれないのです。
私は、柔道整復師という国家資格を取得した上で、運動する方々のサポートやスポーツ選手のサポートが出来るセラピストになりたいと日々勉強に励んでいます。この学校は、既存の柔道整復師の学校とは全く異なり、柔道整復師の資格を目指すと同時に、在学中に運動指導の資格が取れ、応急処置の資格、トレーナーの資格も取れます。資格が与えられる分、その分野の実技実習も多くあります。やることはたくさんありますが、目標が明確で実際の現場でも経験させて頂ける分、毎日が充実しています。将来は女性アスリートに信頼される整骨院を開業したいです。

松井 楓歩冬さん(大阪府立渋谷高等学校出身)

野球の経験を活かした「地域貢献」がしたい!

渋谷高等学校
渋谷高等学校出身 松井 楓歩冬さん
私はこの学校へ入学すると決めるまで、多くの柔道整復師の専門学校や、スポーツの分野がある大学など、オープンキャンパスをいろいろ見て回りました。しかし、この学校のオープンキャンパスに参加してこの学校の先生方のやっている実際の授業に在校生の皆さんと受講させて頂いたことで、先生の指導の方法や設備の良さに魅力を感じ志望しました。
 
この学校は、柔道整復師の国家資格だけでなく、健康運動実践指導者という運動指導が出来る資格や、トレーナーなどで活躍できるスポーツ分野の資格だけでもWで在学中に取れるところが魅力です。
 
また学校の雰囲気も良く、少人数でしっかり確実に4年で学べて、実習も多く、質問もしやすい環境なのが魅力です。
 
今後は野球をしていた経験を活かして、子供からお年寄りまで多くの人を支えることの出来る柔道整復師を目指します。そのスキルが、ここでは確実に学べるので、この学校はおススメです!

宮内 霧奈さん(京都文教高等学校出身)

スポーツで活躍を目指す選手達を支えたい!

京都文教高等学校
京都文教高等学校 宮内 霧奈さん
私がこの学校に入学するきっかけになったのは、オープンキャンパスに行ったことです。4年制であるにも関わらず、大学との大きな違いはその現場実習の多さで、一般教養に使う時間を、スポーツ現場での医療救護スタッフとして、整骨院での介護予防運動の指導員として、1年生の時から現場に出させて頂ける時間割に「ここなら確実に、知識と技術を学べるに違いない!」と直感で思いたったことが動機でした。
 
私はバスケットボールが大好きで、ずっと学校のクラブ活動ではバスケットボール部に所属していました。でも、腰を痛めることになり、走れないところまで痛みが増してしまいました。
 
そんな時に助けてもらったのが整骨院の先生でした。薬や麻酔などを使わず、運動とリハビリを指導してもらい回復させてくれました。クラブ活動が出来ない落ち込んでいた気持ちのフォローまでしてもらえたことは、柔道整復師になりたいという思いを、具体的に形づけてもらえた経験となりました。今度は自分が恩返し!!
 
スポーツでの痛みやケガをしない体の使い方など、女性であることを活かした活動をするのが夢です。国家試験の合格率も毎回トップレベルの安心な環境です。皆さんも私と一緒に学びませんか?
 
 

森田 拓人 さん(大阪産業大学付属高等学校 出身)

野球の経験を活かしてスポーツや福祉の世界で一流に!

大阪産業大学付属高等学校出身 森田 拓人 さん
私は昔から通っている整骨院の勧めと実際のオープンキャンパスに参加して入学を決意しました。
 
柔道整復師を目指すきっかけになったのは小学校4年の頃に野球を始めて以来、体のケアを目的に整骨院に通っていました。練習中に右手を捻挫した時も、復帰を早く望む僕に、メンタルも含めたアドバイスと適切な処置を施して頂き1週間で復帰できるようにケアをして下さいました。
 
僕はその先生に憧れと尊敬を抱き柔道整復師を目指しました。
 
スポーツ選手がケガをしてしまった時もそうですが、体のこと、運動のメカニズムなど、医学の知識をしっかりと知っていなければ指導も出来ません。
 
そこで、医師の先生方をはじめとする一流の講師陣から本格的に学べ、トレーナーの資格も取れる、この学校への入学を決めました。この学校は机に向かう授業もありますが、なんといっても実習や実技が多いので楽しいです。運動しながら学べるのがいいですよ。充実した学校生活を送るなら、この学校はおすすめです。

市山 真さん(枚方なぎさ高等学校出身 )

トレーニング指導者としても活躍したい!

枚方なぎさ高校
枚方なぎさ高等学校出身 市山 真さん
柔道整復師に興味をもったきっかけは、小学校からバスケットボールをしており、中学生の時から腰のケガで整骨院に通いはじめたことです。治療してもらうことで、先生の凄さに感動しその進路を意識し始めました。中でもこの学校を選んだのは、国際資格のNSCA資格が取得出来ることでした。
 
他校と比べ1年多く学べるこの学校での生活は楽しく、レベルの高い知識も得られる学校だと思います。学内の雰囲気は、先輩・後輩がみんな仲良く、勉強で分からないことも相談しやすい環境です。
 
また、先生方や学校の運営組織である業界の会員の先生、役員の先生とも親睦を深められるイベントも豊富で、就職後にも活かせるネットワークが構築できるのも、業界が設立したこの学校ならではのことで気に入っています。
 
1年生から経験出来ることもいっぱいです。皆さんも、全国でココだけしかないことがいっぱいのこの学校で、経験も知識も豊富に備えた柔道整復師を目指していきましょう!
 
 

横田 海斗さん(大阪府立堺西高校 出身)

社会貢献ができる柔道整復師になる

大阪府立堺西高校
大阪府立堺西高校出身 横田 海斗さん
私は将来、整骨院で働きたいと考えています。整骨院でもスポーツをしている方は沢山患者様として来院されるので、その人達に信頼されるような勉強をして、様々なことを経験し、コミュニケーション能力が高い人への思いやりをもった柔道整復師になれるように頑張っています。
 
幼少期からサッカーをしてきましたが、ある日ケガをしてしまい全力で行うことが難しくなりました。しかし、トレーニングで体幹を鍛え体を強くし中学・高校とサッカーは続けました。しかしケガをした特に支えるフォローの大切さを知り当時支えてくれた接骨院の先生のことを思いだし、今度は自分が支える側の人間になり社会貢献することを決めました。医療の世界は常に新しい発見があり卒業後も勉強が必要です。しかし、バックアップがしっかりしているこの学校なら、卒後も自分を支えてくれる安心があります。私は開業も目指しているので、業界団体である大阪府柔道整復師会が運営する学校を選びました。
 
皆さんも、卒業後も考えて進路を選んだ方がいいと思います。僕と一緒に頑張りませんか?

井ノ口 敦樹さん(大阪府立茨木西高校出身)

思考力・技術力を兼ね備えた高度専門士になる!

大阪府立茨木西高校
大阪府立茨木西高校出身 井ノ口 敦樹さん
私は将来、スポーツトレーナーにもなりたいし高度な医療人として病院勤務や医療施設でも働いてみたい思っています。
 
その為には、予防だけではなく、ケガの評価も治療も出来る勉強と、それが可能な国家資格を持っていることが必要だと、この学校のオープンキャンパスに足を運んだ際に教わりました。
 
民間の発行するトレーナーだけの資格だと、スポーツ選手が試合中にケガをした際、応急処置も治療もしてあげることが出来ない現実を知りました。法律上、医療系の国家資格で、運動器のプロでなければ、スポーツ選手のサポートやパーソナルトレーナーにはなれないのです。
 
僕は、中学の頃からサッカーをしているので、柔道整復師という国家資格を取得した上で、運動する方々のサポートもしたいと思っていますし、全国でこの学校でしか与えられない高度専門士として、医療にも精通したスペシャリストになりたいと思っています。
 
この学校は、既存の柔道整復師の学校とは全く異なり、柔道整復師の資格を目指すと同時に、在学中に運動指導の資格が取れ、応急処置の資格、トレーナーの資格も取れます。
 
やることはたくさんありますが、目標が明確で実際の現場でも経験させて頂ける分、毎日が充実しています。皆さんも、全国でこの学校しかないカリキュラムで、一緒にプロを目指しませんか?夢を実現出来る環境が整っていますよ!

前田 奈々未さん(広島 銀河学園高等学校 出身)

女性ならではの柔道整復師に!

地方出身者も多い
広島銀河学園高等学校出身 前田 奈々未さん
広島にも柔道整復師の専門学校はありましたが、地元周辺の専門学校のオープンキャンパスで心に刺さることがなく、思い切って大阪の専門学校のオープンキャンパスに参加しようと思い、それなら大きな違いがある4年制を見てみようと、大阪府柔道整復師会専門学校のオープンキャンパスに参加したことが、広島から出てきてもこの学校がいいと思った入学の動機です。この時の体験実技ではテーピングを学んだのですが、この時、小学校から続けていたバスケットボールで突き指をしてしまい、痛いからテーピングをして欲しいなと思っていました。勇気を出して女性柔道整復師の先生に「クラブで痛めた指を見て欲しい」とおねだりすると、丁寧に説明までして下さり、ささっとテーピングをして、その後の対処法まで説明してくれました。今まで通院していた整骨院や見学した学校でも、女性柔道整復師は会ったことがなく「ここなら女性でも活躍できる」と強く思い、スポーツに特化した実技も豊富なこの学校に一人暮らしをしても進学すると決意しました。バスケットボール選手を支える仕事もしたいので、トレーナー資格が在学中に取得可能なことも魅力です。入学直後は、道路の車の多さや人の往来の激しさに不安でなじめるか心配でしたが、先生もいつも心配して声をかけてくれ、今はもうすっかり大阪人です。この学校は先生方が凄く相談にのってくれます。地方からでも安心して学べますよ!

高井 季さん(クラーク記念国際高等学校 出身)

スポーツ選手をサポートしたい!

クラーク記念国際高等学校
クラーク記念国際高等学校出身 高井 季さん
幼少の頃、親に無理矢理言われてあまり乗る気ではない状態で、肩を叩くよう言われたり、揉むように言われたりしてマッサージのようなことをしていました。中学生になると、テレビや雑誌で自らツボと言われるものを調べてマッサージをしてあげるようになりました。その後はどんどん身体の仕組みが気になりはじめ、興味が湧くようになっていました。高校に入って、将来のことを考え始めたとき「自分は運動が好きだから、スポーツとかに関われる仕事に就きたいな」と漠然と考えていました。
進路指導がはじまって、進路を決めあぐねていた私に母親が、柔道整復師はどうかと勧めてくれました。早速私はインターネットで学校を探し選びはじめ、ウェブサイトから丁寧に概要を読み見比べました。この大阪府柔道整復師会専門学校を選んだ決めては、ズバリ「4年制」だったことです。
もともと身体に興味を持ち調べてきていたこともあり、骨折や捻挫などの治療に興味があった自分は、勉強する内容や実習の大阪を知りオープンキャンパスでさらに説明を聞き、ここなら治療できる技術まで習えると思い決めました。1年生から整骨院での実習もはじまり覚えることも多いですが、 毎日が充実しています。

水口 龍成さん(三重高等学校 出身)

部活を支えるような柔道整復師に!

三重高等学校
三重高等学校出身 水口 龍成さん
私は柔道整復師になる!という強い目標の為に、三重県から大阪に出てきて柔道整復師の業界団体である公益社団法人 大阪府柔道整復師会が運営する学校に入学しました。
 
中学校1年生からバレーボールに打ち込んできた私は、部活ではキャプテンを務めチームを引っ張り、チームのムードメーカーとして練習を盛り上げようと頑張ってきました。しかし高校2年生の時、上腕二頭筋腱の断裂により、プレーをすることが出来なくなりました。悔しい思いが僕の中にこみ上げ、一時は苦しみました。
 
しかしそんな僕を通院でお世話になった接骨院の先生がまるで気の合うお兄さんのように接してくれ、励ましてもらい、段々と憧れを抱くようになりました私はこのような経験から、柔道整復師を目指すようになりました。
 
この学校を選んだのは、日本で唯一の4年制で現場に出て行う実習の多いことと、トリプルな資格が取れることが決め手でした。またオープンキャンパスで体験入学をした時、先生と学生さんとの距離感と雰囲気の良さに魅力を感じたところです。僕の得意なコミュニケーションを活かして立派な柔道整復師を目指しています。

高島 和志さん(大阪府立 東百舌鳥高等学校 出身)

思いやりのある柔道整復師になる

大阪府立東百舌鳥高等学校
大阪府立東百舌鳥高等学校出身 高島 和志さん
私が柔道整復師を目指そうと思ったきっかけは、小学校・中学校の間にサッカーを習っていてケガをしてしまった時などに度々お世話になり、私もその仕事につき沢山の人を助けたいと憧れを抱いたからです。

そして入学した理由は3つあり、1つめは少人数制で他校と比べ先生が手厚い指導をしてくれること、2つめは、1年生の早い段階から臨床現場で経験を積めること、3つめは、柔道整復師の資格以外に幅広い資格を取得できるところでした。

オープンキャンパスに行った時、在校生の皆さんと先生の雰囲気の良さに魅力を感じたこともあり、柔道整復師になるには、コミュニケーション能力を養い技術や知識を付けたいと思っていた僕にはここなら充実して一生懸命学べると思って決めました。

将来の目標は、経験も知識も豊富に備えた「思いやりのある柔道整復師」を目指したいと思っています。


森浦 一樹さん(大阪府立 堺上高等学校 出身)

将来の目標は「開業」です

大阪府立堺上高等学校
大阪府立堺上高等学校出身 森浦 一樹さん
私が柔道整復師を志望した理由は、中学の時から始めた陸上競技です。高校2年生の時、冬の練習中に背筋を鍛えるトレーニング中に腰を痛めてしまったことです。はじめは数日様子を見て自然に治るのを待っていたのですが、痛みがひかず、このままではクラブ活動に集中できないと思いはじめ整骨院に受診し施術を受けたたことがきっかけです。

はじめて整骨院に行くということで不安もありましたが、いつから痛いのか何をしていた時に痛くなったのか、熱心に先生は聞いてくれ、検査で背骨が曲がってないかなど丁寧に診てもらった時、柔道整復師という職業をはじめて知り、自分で調べていくうちに興味をもったことがこの進学への第1歩です。

この学校に決めたのは、オープンキャンパスへ参加した時です。体験授業でテーピングを学んで、実際に授業に体験入学させてもらって講師の先生のお話を聞けたことです。楽しい授業で分かりやすく、ますます興味が湧きました。また全国で唯一、実力を証明する「高度専門士」の称号が付与されることも大変魅力を感じました。

将来の夢は、患者様を心身ともに治療する整骨院の開業です。


義永 梨百さん(大阪高等学校 出身)

スポーツに貢献できる人になる!

大阪高校
大阪高等学校出身 義永 梨百さん
私はスポーツに関わる仕事がしたいと考えています。実際に選手にテーピングやストレッチなどでサポートをしている現場を高校生の時にみる機会があり、このような現場で仕事がしたいと興味を持つようになりました。
 
高校の3年間部活でバスケットボール部に所属している中で、チームメイトがケガをしていることを見ることもあり、以前見たサポート現場のように、私がテーピングとかをしてあげる技術があったらサポート出来るのになと考えていました。
 
オープンキャンパスに参加した時、そのようなサポートがしたいのであれば、医療系国家資格がないとダメだということが分かり、トレーナーになりたいなら、ケガの治療が出来る柔道整復師の国家資格が重要だと思って入学を決めました。
 
他の専門学校とは違い、1年多く学べてストレッチングトレーナーと健康運動実践指導者の資格が取れるのは魅力でした。スポーツ現場でサポート出来るプロを目指して毎日頑張っています!

橋本 凌兵さん (常翔学園高校出身)

患者さんに頼られ信頼される柔道整復師になる

常翔学園高校
常翔学園高校出身 橋本 凌兵さん
私はサッカーを小学校から10年間続けてきました。中学1年生の時に左膝を痛めることになり、走ることも出来なくなり苦しんだ経験があります。
 
整形外科ではジャンパー膝と診断され、安静にするよう指導されただけで、正直練習も出来ず、不安続きの毎日でした。
 
少しでも何とかして欲しいと、整骨院に通いはじめました。すると、テーピングやトレーニング指導を熱心に指導して頂け、練習時の体の使い方で痛みが軽減できることなど一人一人に合わせた丁寧な治療をして頂き、復帰することが出来ました。
 
私はこの経験から、柔道整復師になるのが夢へと変わりました。専門家の間では有名な、スポーツ指導に強いことが特徴の大阪府柔道整復師会専門学校を選んだことも迷いがありませんでした。実践的な指導を受け、多くの経験を積んでいます。
 

寺本 侑由さん(大阪府教育センター附属高等学校出身)

ビーチバレーを支えるトレーナーに!

バレーボール
大阪府教育センター附属高校出身 寺本 侑由 さん
私は中学校からバレーボール部で活動し、高校ではバレーボールを続けながらビーチバレーとも出会い、トレーナーの職業に興味を持ちはじめました。
 
バレーボールは指のケガが多く、突き指や捻挫を多く起こしました。また、部活とビーチバレーの両立で、無理をして膝を痛めることもありました。
 
ビーチバレーにサポートで来ておられたトレーナーさんは、柔道整復師さんで、国家資格で、運動器のプロでなければ、スポーツ選手のサポートやパーソナルトレーナーにはなれないことを知りました。
 
その先生への憧れから、柔道整復師という国家資格を取得した上で、運動する方々のサポートやスポーツ選手のサポートが出来るプロになりたいと目指しました。この学校なら、在学中にトレーナーの資格も取れます。資格が与えられる分、現場での経験を積む実習が多くありますが、授業後には5階の体育館で仲間で汗を流しリフレッシュしています。
 
環境の良い大阪府柔道整復師会専門学校で、皆さんもスポーツトレーナーを目指しませんか?

田中 愛奈さん(石川県立金沢商業高校 出身)

石川から上京してもココに入りたかった!

在校生インタビュー
石川県立金沢商業高校出身 田中 愛奈 さん
私は人体の構造を学び、心体共に癒すことが出来る柔道整復師を目指しています。地元は石川県なので、まずは母親と地元の柔道整復師の学校を見学に行きました。しかし何か足らないと思い、思い切って一人で東京の学校をいくつか見学に行きましたが、自分が目指す「ケガを治す」ことに応えてくれる手ごたえを感じることが出来ませんでした。
地元に帰り、いろいろ調べると、大阪には業界が直接運営してる4年制があることを知りました。早速見学に出向き、実際の授業に参加、学んでる学生さんに直接勉強内容を聞いたり、カリキュラムを説明してもらい、ここなら1つ1つ納得して理解しながら勉強出来ると確信し上京してきました。
私は高校時代、チアリーディング部に所属していたので、捻挫で整骨院に通院していたこともあります。既に学校では、その処置の仕方や鑑別、固定方法を学ぶことが出来ました。大阪マラソンで救護にも携わらせて頂き、部活で培った強い精神力と体力を存分に発揮して、日々充実した学生生活を送っています1年生の時から実践が積めるのはこの学校しかありません。皆さんも絶対見学に来て欲しいです。

木下 緋色さん(徳島県立 海部高等学校出身)

将来は地元徳島で「開業」を目指します!

学生の声
徳島県立海部高等学校出身 木下 緋色さん
私は将来、地元の徳島に帰って「接骨院」を開業したいと思ってこの学校を選びました。高校時代は体操をやっていたので、スポーツトレーナーという側面でも、地元の小学校や中学校、高校のクラブ活動を頑張っている生徒さんを助けることの出来るような柔道整復師になりたいと思っています。この学校を選んだのは、在学中にスポーツ指導が学べ履歴書にも書ける、健康運動実践指導者の指導資格と、トレーナーとして選手を本格的にケア出来るJSA-CSTPのトレーナー資格が3年生時に取得出来ることでした。トレーナー資格やインストラクターの資格だけでは、本格的にクラブ活動を頑張る生徒さんを助けることが出来ないので、しっかりと治療をしてあげれる「国家資格」を取ることを選択しました。
開業するとなれば、自分は何が出来る人なのかが勝負だと思います。国家資格以外にも、この資格がありますと胸を張って言える技術をこの学校ではじっくり学ぶことが出来ます。
少人数制だから、いつも気になる点はすぐに質問出来るし、悩みごとも先生に聞きやすい点がこの学校の良いところです。先輩も方も話しやすくて、地方から出来てきても寂しくない、アットホームな環境が居心地がいいですね。学校では、もう附属の整骨院で患者さんに機能訓練指導として運動指導をさせてもらえるようになりました。大阪マラソンでもRICE処置を任せてもらえましたよ。自分の成長が分かる学校です!

石田 直己さん(大阪府立堺西高等学校 出身)

スポーツ選手に信頼されるトレーナーになる!

大阪府立堺西学校出身 石田 直己 さん
私は高校3年間、クラブで砲丸投げの選手をしてきました。また中学1年生の時は陸上部でリレーのメンバーとして頑張ってきました。しかし、中学時代、シンスプリントという足のケガをきっかけに病院へ通院するようになり、病院でリハビリを受けながら陸上部での活動をしていました。しかし、あまり改善がなく、痛みが増してゆくことと、リレーのメンバーに迷惑をかけてしまう気持ちで焦り、気持ちを切り替えることがうまく出来ない時期に苦しみました。
その時リハビリを担当してくれた柔道整復師の先生に、思い切って自分の気持ちを伝えたところ、その気持ちまで受け止めてくれ、素敵な仕事だなと憧れを覚えたことがこの道に進むきっかけです。
この経験を生かし、挫折しそうになっている方や、精神的にも身体的にも落ち込んで人へのサポートが出来るような医療人になりたいと思い、この学校への進学を決めました。この学校は、自分が目指す柔道整復師の資格以外に、スポーツトレーナーの資格も取得できる学校です。卒業後には、さらにスキルアップとして、国際ライセンスも唯一目指すことが出来ることも魅力です。1年多く学ぶには理由があります。是非皆さんもこの学校で学んでみて下さい!

中村 陽太さん(藤井寺高校出身 )

スポーツに関わる医療人になる!

藤井寺高校
大阪府立藤井寺高校出身 中村 陽太さん
僕が柔道整復師を目指すようになったのは2つ理由があります。1つ目は、小学校の頃からソフトボールをし、中学と高校では陸上部に所属。とにかく小さい頃から運動が好きで、この好きを仕事にできる就職をしたいと思っていたからです。
2つ目は、スポーツにはケガがつきもので捻挫などの靭帯を損傷することがありました。その時に治療してくださった接骨院の先生に憧れを抱き「私も先生のように人の役に立つ仕事がしたい」と思ったからです。
僕の通院していた接骨院は、ケガを繰り返さないようにストレッチを教えてくれるところだったのですが、そのきっかけもあり、ストレッチングトレーナーの資格が取れる大阪府柔道整復師会専門学校に興味が湧き、オープンキャンパスに参加したことが入学したきっかけです。
体験イベントは、ストレッチがテーマの時に予約をして参加したのですが、今まであまり深く考えず行っていたストレッチが、沢山の種類があって、用途で使い分けが必要なことや逆効果もあることを知れ、益々興味が湧きました。
今では捻挫の応急処置は出来る技術を付けましたよ!迷っているのはもったいない。是非自分の目で確かめるように積極的に行動して未来を掴んで下さいね。

保谷 柚楽 さん(福井県立 敦賀工業高校出身)

トレーナーで世界を目指す!

福井県立敦賀工業高校
福井県立敦賀工業高校出身 保谷 柚楽さん
福井県立敦賀工業高校を卒業後、メンテナンスを行う会社への就職を果たしましたが、やはり中学生の頃に進みたいと思ったことがあった整骨院の先生になることを諦めきれず、会社を退職、この学校への進学を決めました。社会人を経験しているので、出来るだけ短い勉強で早く受験資格をもらえる2年制課程や3年制課程を当初考えていましたが、中学の頃に椎間板ヘルニアになり整骨院に通ったことを思い出すと、「痛みで困っている人を本当に助けたいと思ったら、国家試験にただ合格するだけではダメだ」と思い、手につける技術をしっかり指導してくれる学校を選ぶことを目的に学校を探しはじめました。
専門的な知識を教わることが出来て、技術指導を多く受けられるところ、小学校からバレーボールをしていたが上達がなかなかせずトレーニングをしていたことも思い出し、もっと効果的なトレーニングなんかも一緒に学べるようなところで探したところ、フィットネスインストラクターの資格とスポーツトレーナー、そして柔道整復師の技術指導、全ての兼ね備えることの出来るこの学校に辿りつき転職するため進学を決めました。
将来は、トレーナーでNSCAの国際資格を取り活躍したいですが、整骨院勤務も興味があります。でもどちらの道でも確実な技術を付けられる学校なので、じっくり将来を先生方に相談し将来を決めてゆきたいです。

小川 一樹さん(大阪府立東中百舌鳥高校出身 )

スポーツ経験者として選手を支える柔道整復師をめざします

大阪府立東中百舌鳥高校出身 小川一樹さん
僕は小学校から中学校までは野球一筋。高校時代には強い男に憧れ柔道に打ち込みました。しかし野球の時も、柔道の時も、ケガをすることが多く、周囲の方に迷惑をかけたり、応急処置をしてもらったり、お世話になりっぱなしでした。野球の頃はトレーナーさん、柔道の頃は柔道整復師の先生、どちらもカッコ良く、素早い対応でいろいろな面で助けて頂きました。私はその方々のように、今度は自分が役に立つ側になり手当をする立場になりたいと強く思い、国家資格である柔道整復師を目指すことを決めました。
この学校を選んだ理由は、スポーツ現場にも1年生から入らせてもらえること、在学中にストレッチングトレーナーの資格が取れること、また、スポーツトレーナーの国際ライセンスが取れるところが決め手でした。
今は勉強も頑張りつつ、空いた時間でキックボクシングも習い始めました。これも、トレーナー養成講座で授業を受けた、オリンピックナショナルチームのトレーナーさんを間の辺りにして、やっぱり体力作りと、自分が説得力のある体じゃないと信頼してもらえないなということを肌で感じたからです。
もちろん、体を鍛えるだけで信頼される訳ではないので、しっかりとした知識の裏づけ、根拠のある処方が出来る研究論文を常に読んで最新の情報を得ることも欠かさないつもりです。
スポーツをしていた頃は、一流にはなれず、ケガを繰り返し良い成績は残すことが出来なかったけど、今度は誰かから必要とされ頼られるそんな柔道整復師を目指し頑張っています。
毎日が楽しいです。この恵まれた環境で、皆さんも一緒に学びませんか?

日高 美咲 さん(兵庫県立 湊川高校出身)

女性にやさしい柔道整復師をめざします

兵庫県立湊川高校
兵庫県立湊川高校出身 日高 美咲さん
私は幼い頃から病弱でよく病院に入院等をしていた為、医療に携わる方々を良く目にしていました。その結果、いつしか医療で人を支えられる人になりたいと夢見るようになりました。
そしてもう1つの夢は、自分の大好きな運動を生かした職に就きたいというものがあり、その2つの夢がかなう職業がないかと探していたところ、柔道整復師だと自分の夢がかなえられると思い目指すことにしました。
オープンキャンパスに参加したところ、介護にも機能訓練指導員として携わる事が出来ると知り、これは日本で今問題になっている少子高齢化への対応へつながるのではないかと思い、ますます柔道整復師になりたいと強く思うようになりました。
この学校を選んだのは、他にはない現場実習の豊富さでした。臨床実習では病院での泊まり込みでチーム医療の現場を経験でき、手術の現場、看護部門、リハビリ部門、臨床検査、そんなところまで経験出来るのは、この学校のカリキュラムでしか見たことがありませんでした。ここで間違いないと確信した私は、ここへ進学する決意を固めました。今はとても充実しています。皆さんも是非、この学校で沢山の経験を積んでみませんか?

松原 大貴 さん(大阪リゾート&スポーツ専門学校 出身)

スポーツトレーナー(AT)の資格だけでは就職が難しい現実を知り入学

大阪リゾート&スポーツ専門学校
大阪リゾート&スポーツ専門学校出身 松原 大貴 さん
私が柔道整復師を目指そうとしたのは、大阪リゾート&スポーツの専門学校の先生に就職の相談をしていた時でした。先生はストレートな物言いの先生で、なかなか就職は難しいよと現実をアドバイスして下さり、国家資格を取得して人の体に触れることの出来る資格を取ることがいいのでは?と柔道整復師の国家資格の存在を教えて頂いたのがきっかでした。
私は小学校3年生の時から、アメリカンフットボール部に入部し、10年間選手としてプレーをしてきました。その経緯から、スポーツトレーナーを目指したのですが、就職をいざ探すことになった時、なかなか活躍出来ない現実を知りました。アメリカンフットボールは、皆さんもご存じのように、重篤なケガや重傷を負おうことも多い危険を伴うスポーツです。僕も何度が重傷を負い、プレーを断念する場面に直面しました。そんな場面では、メデカルスタッフである医師やコメデカルスタッフ(国家資格者)しか対応してはならないのが法律です。スポーツ現場で活躍するにも、国家資格を持っていることは重要です。皆さんも、スポーツトレーナーを目指すなら、まずは国家資格を取得する道を選んで下さい。そして高度専門士の称号、全国でココしか無いですが、これを持つことも重要であることを知って欲しいと思います。

冨田 煕 さん (大阪府立 松原高等学校 出身)

トークスキルも生かした柔道整復師に!

松原高等学校
大阪府立 松原高等学校 出身 冨田 煕 さん
僕は高校の部活動でバスケットボール部に所属していました。その3年間の中で練習中や試合中にケガをすることがありました。その時、お世話になっていたのが柔道整復師の先生で、処置の仕方や僕への指導、アドバイスまで頂く中で憧れをもったことが大きなきっかけです。
僕は人と接することが好きでトークスキルに自信をもっています。その自分の特性も、生かせるのが柔道整復師ではないかとも考えています。
入学してから早速、学校附属の整骨院での臨床実習が始まったのですが、自分のトーク力も改めて確認、実感することが出来ています。また、大阪マラソンでは問診を担当させてもらい、その時も自分にこの仕事はむいているとさらにやる気と意欲につながりました。
この学校では、2年生からはスポーツトレーナー養成講座が始まります。スポーツの現場でも活躍出来るような柔道整復師になりたいので、本当に楽しみでなりません。
卒業後は、患者様の状態を正確に把握し、その状態に即した的確な施術が出来るような柔道整復師になりたいです。教員の先生との距離が近く縦のつながりも強いこの学校はとても充実しています。

辰巳 岳 さん(クラーク記念国際高等学校 出身)

誰もが行きたくなる接骨院をつくる

クラーク記念国際高等学校
クラーク記念国際高等学校出身 辰巳 岳 さん
私が柔道整復師になりたいと考えるようになったのは、小さい頃から習っていたサッカーがきっかけでした。練習量が増え、怪我や不調が続くようになり、接骨院・整骨院に通うようになりました。そこで柔道整復師という職業に興味を持ち始めました。
高校3年生の時、練習中に足の靭帯を損傷し練習が出来なくなりました。手術を行い病院に入院したこともあり、理学療法士への道も知りました。しかし、再発を防止するため整骨院に通い始めてストレッチなどの指導を受けたことがきっかけで柔道整復師への興味が湧くようになりました。
整骨院でのテーピング、ストレッチング指導を受け続ける中で、病院勤務も可能だけれど、将来は自分の「院」を持てる資格である柔道整復師への道もいいなと思うようになりました。
そして1年多い4年制を選択したのは、技術と知識が豊富に学べ、即戦力の力が身に付く学校であると、他校のオープンキャンパスへ行き、じっくり比較した結果出た結論です。私の望んでいた全てが学べる学校だと確信しました。卒業後の“学び”も提供してもらえるのも魅力の1つです。この学校でじっくり学び、将来は地域貢献が出来る柔道整復師を目指しています。

笠井 滋二 さん(大阪市立 都島工業高等学校 出身)

第2の人生をスタートさせるなら!

大阪工業大学
大阪市立都島工業高等学校 出身 笠井 滋二 さん
私は間もなく50歳を迎えます。私は高校卒業後に就職した仕事に行き詰まりを感じ退職しました。過去の話ですが、私は約30年前の高校時代に柔道部員でした。ご指導頂いた先生は、柔道に対して非常に厳しい考えをお持ちの方でしたが、卒業前に先生から頂いたこれからは胸を張って生きて行けという言葉が、私にとっての一生の宝物であり、忘れることが出来ない言葉となりました。
 しかし今の自分自身に対して「胸を張って生きているのか?」と問いかけてみると「そうではない」「ただ漠然と生きているだけ」という答えに至りました。そこで私は、❝第2の人生をスタートさせるなら❞柔道部時代に見てきた柔道部員達の骨折・脱臼などの大怪我を治す手助けをしたいと思い柔道整復師を目指したいと考えました。
柔道整復師の仕事は、ケガで苦しむ人を治療し、加齢に伴い支障が出る症状をやわらげ、地域医療を担う責任重大な資格と思っています。
だからこそ、第2の人生を失敗しない学校を選ぶなら、公益社団法人大阪府柔道整復師会という職能団体が運営母体で、しっかりと技術と知識を指導してもらえる学校、全国で唯一の4年制課程で学ぶことが重要であると考え入学を決めました。
不安な要素がいっぱいのまま入学しましたが、今は毎日が生き甲斐のある日々です。今からでも遅くありません。チェレンジしましょう!!

八島 潤一郎 さん(徳島佐香学園 香蘭高等学校 出身)

開業を目標に業界の学校へ入学しました

徳島佐香学園 香蘭高等学校 出身 八島 潤一郎 さん
私は入学する前、独立支援会社で「整体」を学び、整体院を開業していました。しかし、来院する方の中には、自分では対処できない方がおられたり、自分ではどうしてこのような症状が出るのか分からない方がおられ、自身の医学的知識の乏しさを痛感する日々で悩んでいました。
しっかりとした知識や技術、医学的知識を身に付けるにはどうしたらいいか迷った時、やはり時間がかかっても、国家資格をしっかり取得し、勉強することが結果的に近道と思い、少し学ぶには遅いかも知れないですが、39歳でこの学校の入学を決めました。
この学校を選んだのは、ずばり柔道整復師の職能団体が直接学校を運営しているところです。卒業後のバックアップが全然違うことが魅力です。ここなら開業もサポートしてもらえると即決しました。
また、私は社会人プロレス団体でレスラーをやっています。そのこともあり、プロを支えるトレーナーの先生と接する機会もあったのですが、国際ライセンス資格と民間資格の違いをお聞きすることがありました。3年制の普通の専門学校でお尋ねしても、ご存知で無かったので不思議に感じていましたが、受験資格が得られない現実を聞き納得しました。
そのNSCA資格も同時に目指していたので受験資格を得られる学校であることもpointになりました。

楠野 美紀 さん(兵庫女子短期大学 出身)

学ぶのであればより多くのことを学びたい そして吸収したいと思い入学

兵庫女子短期大学出身 楠野美樹 さん
私がこの学校に入学する前は、すでに社会人として医療の技術面を支える企業で働いていました。柔道整復師を目指そうとしたきっかけは、人を元気にすることが、直接自分で出来るところに魅力を感じたからです。もちろん、会社を辞めてこの世界に飛び込む訳ですから正直不安もありました。
しかしその不安は、この学校のオープンキャンパスに参加して無くなりました。他校へもお伺いしたのですが、臨床現場での実習の様子や実践的な授業風景を見させて頂くと、ワクワクする気持ちが芽生えてきたことが分かりました。
そのワクワクは、学校に入ってからも無くなっていません。毎日が新しい発見と学びばかりで、楽しくて仕方ありません。学校の放課後で同級生とサークルで汗を流すなど、本当に充実しています。再進学は勇気がいると思う方も居るかも知れませんが、思い切ってチャレンジするのは楽しいですよ。考えるより行動が大切なこともあります。4年制で多くの発見を一緒にしてみませんか!

二唐 渉 さん(帝塚山大学 出身)

再進学は信頼できる学校へ

帝塚山大学
帝塚山大学出身 二唐 渉 さん
私は帝塚山大学で学ん食物栄養分野の知識を活かし、社会人として既に企業で働いていました。食はカラダつくりの基本でありその分野の仕事が楽しくそれなりにキャリアを積んできました。

しかし、食を学んだ上で体を動かすこと、スポーツにおける体力づくり、筋力トレーニングなどを考えたとき、何が一番重要で効果的なのかなかなか答えを出すことが出来ませんでした。

そんな僕の転機になったのは、仕事が忙しくトレーニングが出来なくなってきた頃、原因が分からない膝の痛みや腰の痛みに悩ませられることになってしまったことです。

そんな時、当時はあまり効果を期待していなかった整骨院へなんとなく足を運び、数回治療を受けたとき、繰り返された体の節々の痛みが改善され体が軽くなっていく体験に感動したのがきっかけです。

そのようなすごい技術を付けるなら、ビジネス目的でない学校を選ぼうとこの学校に決めました。再進学は思い切りが大事です。皆さんも好きを仕事に夢を目指しませんか?

在校生の学校生活【動画】 

在校生の学校でのイベントをチェックしてみよう!是非ともクリックして再生してみてね☆他にもYouTubeから日常が見れるよ!!
大阪府柔道整復師会専門学校
〒550-0004
大阪府大阪市西区靭本町3-10-3
大阪柔整会館3階
TEL.06-6444-4171
FAX.06-6444-4172

公益社団法人 大阪府柔道整復師会が
専門的医療人を育成することを目的に、公益事業として設立
柔道整復に特化した4年制専門学校

TOPへ戻る