本文へ移動

スクール ブログ

超音波エコー装置で実践実技!

2024-02-10
カテゴリ:医療
エコーで診る運動器疾患
柔道整復師学校養成指定規則では2016年から専門分野の教育の内容に「柔道整復術の臨床的判断」が加えられ、柔道整復の教科書として「施術の適応と医用画像の理解」が発刊されました。

そのため、超音波エコーも含む医用画像の授業は1年間に渡り実施してきましたが、損傷の程度を正しく理解し最適な治療環境が選択できる柔道整復師になるための実践実技を最新の超音波エコー画像診断装置を使用し行いました。

講師をお引き受け頂きましたのはプロ野球選手のパーソナルトレーナーで選手と共に渡米された経験もある、国際トレーナー資格|NSCA-CPT,*Dを保有、基礎運動器系超音波技士 五島 広文先生です。

肩関節・肘関節・膝関節・足関節と、スポーツでのケガで多い症例をスライドで外観・症状・エコー画像を紹介して頂きながら、症例に沿ってプローブ走査から観察方法をマンツーマンでご指導頂きました。

本校は柔道整復師の業界団体が直接運営する学校であることから、このような最新の技術も、最新の機器を使用してプロから学べるオンリーワンの環境があります。
大阪府柔道整復師会
医療スポーツ専門学校
〒550-0004
大阪府大阪市西区靭本町3-10-3
大阪柔整会館3階
TEL.06-6444-4171
 FAX.06-6444-4172

公益社団法人 大阪府柔道整復師会が
専門的医療人を育成することを目的に、公益事業として設立
柔道整復に特化した4年制専門学校

TOPへ戻る