本文へ移動

スクール ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

附属接骨院で外傷施術を勉強中!

2024-06-15
カテゴリ:医療
3年生の臨床実習を現在毎日実施中!
大阪医療スポーツでは現在、3年生が毎日、業界団体の3階にある学校附属のオージェイ接骨院にて臨床実習を行っています。

柔道整復師の業界団体の中にある学校のため、療養費の正しい取扱い方には力を入れて指導を行っており、SOAPに基づいた施術録(カルテ)記載と、保険を請求していくための支給申請書の書き方までを実践し学んで頂いています。

学校教育の中で保険(療養費)請求の実践指導が行える教育力を備えた教員は本校ぐらいですが、本校の運営母体が業界団体であり、業界として不正・詐欺行為を行う接(整)骨院に対する療養費の適正化対策班を保有することから、違法行為に将来手を染めないため、また手を染めさせられることに気付けるよう、現場に即した実践教育を実施し来に至っても学生さん守る抜くことが出来る実習を展開しています。

外傷施術を求める患者様も来院され、受付にて診察券を受け取り問診票をお渡しして、医療人面接を行う流れ、施術録(カルテ)を記載しながら、病態把握をすすめる手順、徒手検査、評価、指導管理など毎日真剣に学び成長されています。

将来の仕事に直結した学びや実習がある業界の中の学校、ぜひ一度見学に来てみて下さい。

新入生歓迎会を開催しました!

2024-06-05
カテゴリ:学生イベント
学年の垣根を越えて交流が盛ん
大阪府柔道整復師会医療スポーツ専門学校では、5月25日(土)に新入生歓迎会を開催しました。

この新入生歓迎会の主催は学生さんで作る組織「学友会」で、学年を越えて交流を深め、勉強への不安、進路の悩み、将来の就職のことなど、みんなで共有して輩方にアドバイスを気軽に求めることが出来る環境を作ろうというのが目的の1つです。

今回はゲストとして、既に社会で活躍中の卒業生も登場、校友会副会長であり、本校4期生 増井 裕亮 先生[常翔学園高校野球部出身/ますい整骨院 院長]、校友会会長であり、9期生 藤原 和輝 先生[福知山成美野球部出身/かわむら整形外科リハビリテーション科勤務]の両先生方がご参加下さいました。

学生さんが聞きたかった、勉強方法、学生時代にやり残したこと、今の仕事の内容、やりがい、今後を見据えてチャレンジしていること、目標など多くを語って頂き、交流を深めて頂きました。

在校生との交流に加えて、身近な卒業生の成功や経験が聞けるのも、大阪医療スポーツの結束力と運営母体が業界団体であることで卒業後の生涯学習支援やスキルアップの機会がある理由から、卒業後も繋がりやすい環境が自然と生まれるのも魅力です。

雰囲気の良さを、ぜひ直接見学にお越しの際にご確認下さい。

学友会主催ドッチボール大会を実施しました!

2024-05-30
カテゴリ:学生イベント
総会では新役員が承認されました
大阪医療スポーツには、学生さん達で作る組織として「学友会」があります。学友会は、役員さんとして各学年の学生さんが会長、副会長、書記、会計、監事を務め、入学した際に収めて頂いた3万円を、スポーツイベントや新入生歓迎会などでどう使用しながら交流を深めるか、学校生活を良くするためにどのような活動を行うべきか考え決定し活動をしています。

今回は4年生が会長や副会長から任期満了で離れることから、新役員が選出され承認された通常総会と、親睦を深める意味で実施した学年対抗による「ドッチボール大会」をご紹介します。

スポーツ経験者が非常に多い本校の特徴もあって、ボールの回転や変化の鋭い投球にはどよめきも起こり、大変賑やかな大会となりました。

優勝に輝いたのは、野球経験者を多く有する2年生さん達でした。その後は、新入生歓迎会となるのですが、こちらの様子はまた後日、ご報告致します。

元気のいい学生さん達に会いに、学校見学にぜひ一度ご参加してみて下さい!

1年生早期臨床実習が始っています!

2024-05-16
カテゴリ:柔道整復師,医療
アーリー・エクスポージャー(early exposure)
学校附属の接骨院での実習
機能訓練指導
臨床実習
臨床実習
パワーリハビリ
機能訓練指導
健康教室
業界団体が直接運営する大阪府柔道整復師会医療スポーツ専門学校は、業界団体の施設の中に学校が開校されていますが、加えて、一般の患者様が通院及びパワーリハビリを行う学校附属のオージェイ接骨院が併設されています。

本日はつい最近まで高校生だった皆さんが、実習生として附属接骨院で活動する「早期臨床実習」アーリエクスポジャー(early exposure)のご紹介です。

卒業生が管理柔道整復師を務める附属接骨院であるため、身近な母校の先輩による指導は非常に頼もしく、学生さんも真剣に先輩の指導に耳を傾けています。

まずはバイタルチェックが正確に行えること、医療人としてのコミュニケーション能力を養うこと、医療人としての倫理観を身に付けてもらうことを前期の目標としています。

後期からは、実際の機能訓練指導のメニューも根拠に基づき組み立てて頂くカリキュラムです。早い時期から現場での実習を実施するのが、柔道整復師業界直結の本校の特徴で、将来の仕事に直結した学びを学生さんに提供できることが公益社団法人運営の強みです。

スポーツ現場での救護実習を実施!

2024-04-22
カテゴリ:医療
医療国家資格である柔道整復師はファーストエイド(First Aid)を担い医療(メディカル)としてスポーツ現場を支えます。
業界直結の教育環境!
柔道整復師
救護現場に集合
スポーツ救護
ラグビー救護実習
メディカルトレーナー
テーピングの処置中
ラグビー救護実習
試合を見守りケガの瞬間を見逃さない
メディカルスタッフ
業界先輩 柔道整復師の先生から学ぶ
救護
雨に見舞われましたが頑張りました
ファーストエイド
突き指の応急処置中
救護実習
実習前オリエンテーション①
臨地実習
実習前オリエンテーション②
大阪府柔道整復師会医療スポーツ専門学校では、4月21日(日)に業界団体が活動するスポーツ現場で行う救護に帯同させて頂きました。

学校の母体が業界である本校では、学生時代からプロの活動現場で学べる環境があり、この救護活動時も、肩関節の脱臼や上腕骨の骨折(疑い)、指の骨折、足首のねんざなど、柔道整復師の先生方がその場で応急処置として脱臼を整復する様子や、骨折の応急処置としての固定、テーピング処置など、多岐に渡り見学、補助を体験させて頂きました。

柔道整復師は医療国家資格を保有することから、民間資格のトレーナー(AT・NESTA)保有の無資格者とは異なり、現場で医療提供を行える強みから、メディカルトレーナー活動を根拠をもって展開することが可能です。

昨日は、J-GREEN堺での活動でしたが、大阪医療スポーツは、産学官連携で現場を経験できる学校で他の現場でも今後活動をします。スポーツ現場での活動を検討されている方は、ぜひ柔道整復師を目指してみて下さい。そして本校の4年制による職業教育をご選択下さい。

最後になりましたが、この度は業界団体である運営母体(公社)大阪府柔道整復師会の先生方にご指導頂き誠にありがとうございました。
大阪府柔道整復師会
医療スポーツ専門学校
〒550-0004
大阪府大阪市西区靭本町3-10-3
大阪柔整会館3階
TEL.06-6444-4171
 FAX.06-6444-4172

公益社団法人 大阪府柔道整復師会が
専門的医療人を育成することを目的に、公益事業として設立
柔道整復に特化した4年制専門学校

TOPへ戻る