本文へ移動

VCOJTA BLOGブログ

大阪府柔道整復師学会で本校学生さんが研究発表!

2019-09-04
カテゴリ:研究
徳山健司
学会の挨拶です。本校校主でもあり本会会長の徳山健司先生のご挨拶です。
学生ポスター発表
グループAのポスター発表の様子です。少し緊張が伝わる表情ですね。
学生ポスター発表
質疑応答にも冷静に回答してくれました。先行研究を調べた成果です。
学生ポスター発表
グループBの発表です。堂々とした貫禄のある発表でした。
学生ポスター発表
質疑応答にもエビデンスベースでしっかりした回答をお示し出来ました。
杉本恵理
本校の専任教員の先生もご自身の研究論文の進捗状況をご発表されました。
学会発表
今回は4年生の研究グループ2つが日頃の研究成果を発表させて頂きました。
学会ポスター発表
後輩のみんなも応援に駆け付けました。カワイイ後輩の皆さんですね。
学会ポスター発表
会場には多くのご聴講の方がお越し頂きました。
大阪府柔道整復師学会
本校を卒業した先輩方が聴講して頂いている様子も見ることが出来ました。
大阪府柔道整復師学会
最後の表彰式では賞状も頂き満面の笑顔とシャイな照れた表情が伺えます。
大阪府柔道整復師学会
学生さん全員と記念撮影。記念だから後ろで元気過ぎる学生もOKです。
9月1日(日)午前9時に開会した「大阪府柔道整復師学会」にて、本校4年生の学生さん達が研究成果を発表しました。今年は学校の校舎でもある運営母体、大阪府柔道整復師会館で開催された学会でした。
 
本校の運営母体である(公社)大阪府柔道整復師会が主催する学会は毎年「大阪学会」とご紹介してきましたが、今回名称が異なる理由は、例年日本柔道整復師会が主催という形で、本会が主管というものでしたが、次年度は大きなイベント、オリンピックパラリンピックへのサポートやラグビーワールドカップへの支援事業もあるということで、今年は大阪府柔道整復師会の単独開催であったため名称も場所も違ったものとなったそうです。
 
その大阪府柔道整復師学会では、4年生が研究成果をポスター発表という形式で発表しました。
 
Aグループの内容は「伸縮テーピングが膝伸展力に及ぼす影響」です。臨床ではあまり用いられない方法でのテーピングですが、先行研究で既に実証例がある膝蓋腱の弾性係数を変化させるテーピングを施し接線弾性係数を変化させることで、膝伸展力にどのような影響を及ぼすかを調査した基礎研究です。
しかしこの結果は臨床への応用も期待でき、今後の展開も見逃せない内容となっています。
 
Bグループの内容は「男子学生における足趾把持筋力と身体能力の関係性」です。足趾把持筋力は足裏の筋を専用の機材で測定する筋力です。現在子供さんの成長度合いを測定することにも用いられる足趾把持筋力の機材ですが、その筋力が他の体力測定や身体能力とどのような関連があるのかを実験で調べた内容です。
足の筋の発達状態や特性で、どんな競技やパフォーマンスで有意な相関がみられるのか、その結果を応用することで、スポーツ指導やトレーナー指導にも生かすことが出来ます。
 
発表前はかなり緊張した面持ちでしたが、予想をいい意味で裏切ってくれる、堂々とした素晴らしい発表を皆さんして下さいました。
 
後輩の皆さんも応援に駆け付け、さらに本校の卒業生も多数来場されていました。しかも卒業生も同学会で発表するなど、多くの本校の仲間が集合した素晴らしい1日でした。
 
仲間意識が強く結束力が高い本校。是非皆さんも、本校の雰囲気の良さや元気いっぱいの在校生の姿を、直接ご覧にお越し下さい。学生・職員一同、お待ちしております!!
 
大阪府柔道整復師会専門学校
〒550-0004
大阪府大阪市西区靭本町3-10-3
大阪柔整会館3階
TEL.06-6444-4171
FAX.06-6444-4172

公益社団法人 大阪府柔道整復師会が
専門的医療人を育成することを目的に、公益事業として設立
柔道整復に特化した4年制専門学校

TOPへ戻る