本文へ移動

VCOJTA BLOGブログ

3月16日卒業式を挙行しました

2019-03-18
カテゴリ:学生イベント
卒業式
卒業式を挙行しました。
卒業記念
仲が良く活発で成績優秀な学年でした。
賞を受賞
知事賞や各種団体の賞などを受賞した学生さん達です。
知事賞
知事賞を受賞された桧尾莉野さん。
卒業記念品
卒業生の皆さんから学校へ記念品を頂きました。代表は出口さん。
藤原和輝
クラスを牽引してくれた藤原さんは日本柔道整復師会会長賞を受賞されました。
徳山健司先生
校主 徳山 健司 先生から訓示を頂きました。
木田
クラスのムードメーカーだった木田君です。
坂中
日本柔道整復接骨医学会 会長賞を受賞した坂中さん。
答辞
答辞を述べて頂いたのはキャプテン藤原和輝さん。
校長賞
校長賞を受賞された斎藤拓馬さんです。
卒業写真
教員の先生方との記念写真です。
大阪府柔道整復師会専門学校の卒業式が、3月16日(土)午後2時開式にて本校の5階大ホールで盛大に挙行されました。
 
ご臨席頂きました先生方は、衆議院 議員 岡下 昌平 先生、衆議院 議員 神谷 昇 先生、衆議院 議員 谷川 とむ 先生、大阪府会議員 議員振興連盟会長 奴井 和幸 先生、大阪市会議員 議員振興連盟会長 荒木 幹男 先生で、その他多数の議員の先生方の代理秘書の皆さんや、本校の運営母体である(公社)大阪府柔道整復師会 の理事者の先生方、保護者の皆様、非常勤講師の先生方など、多くの来賓の皆様で、大いに祝福して頂きました。
 
今年は1人のリタイアも出ることなく、最後まで全員が努力し、全員揃っての卒業となりました。
 
クラスのキャプテン藤原君を中心に、全員が一致団結して支えあったからこその快挙でした。
 
文部科学省から全国で本校のみの卒業生だけが、高度な専門的医療人として認められ、卒業時に高度専門士の称号を付与されることになりますが、その為には、学位(称号)請求論文の提出や実技技能の習得試験に合格すること、病院実習での泊まり込みの実習をクリアすることなど、学生さんには本校独自の高いハードルが設けられています。
 
しかしそれを乗り越えたからこそ、堂々としたこの表情、知識と技術と人間力が磨かれた証です。卒業生の皆様、これから大変なことも多くあると思いますが、いつでも学校に相談に来て下さいね。これからも皆さんのご活躍を教員一同心からお祈りしています。
 
卒業生の皆さん、本当におめでとうございました!!
 
 

健康運動実践指導者 準国家資格 合格率100%達成

2019-03-06
カテゴリ:スポーツトレーナー,就職
健康運動実践指導者
健康運動実践指導者 資格試験合格率100%達成
認定トレーナー
3年生全員の努力が実を結んだ結果です。
エアロビクスダンス
健康運動実践指導者 実技試験対策講座の様子です。
健康運動実践指導者 運動指導実技のプレ試験の様子です。
実技試験本番を考え、試験形式の練習も行いました。
全員で必死に何度も練習しての合格率100%です。
この度合格発表が行われた、スポーツ指導や健康指導に強い資格、公益財団法人 健康体力づくり事業財団発行の準国家資格である「健康運動実践指導者」の資格試験で、本校の学生さんが合格率が100%を達成しました。
 
大学・短期大学・専修学校(専門学校)全体の合格率は、58.9%と厳しい合格率の中、また、専修学校(専門学校)だけの合格率では55.3%とさらに厳しい中での100%達成でした。
 
現在大阪柔整では、有名な総合病院様や有名クリニック様から、リハビリの現場や運動指導が必要な患者さんへ向けて、運動指導を行える人材を雇いたいとの求人が増加傾向にあります。
 
さらに、フィットネス業界や介護の現場でのニーズも高く、医療系国家資格という医療の知識をベースにした活動が出来る本校の学生さんへの求人は高まってきています。
 
そんな中での「合格率100%」
 
これには学生さんの結束力の高さと仲間意識、頑張りによるものでありますが、健康運動指導士の 奥田 千代先生 はじめ、健康運動指導士で専任教員の 辻 慎太郎 先生のご尽力のおかけでもあります。
 
しかしこれも、アットホームで学生さんと教員の仲が良く、学びやすい環境がある大阪柔整の団結力が生んだ結果だと思います。
 
大阪府柔道整復師会専門学校は、少人数制でアクティブラーニングに力を入れる、スポーツ・トレーナー養成・運動指導者養成に力を入れる全国唯一の4年制です。
 
 
 
 

プロからから教わる「テーピング」の体験企画開催

2019-02-18
カテゴリ:スポーツトレーナー
ケガの治療
テーピングの無料体験企画を行いました。
パーソナルトレーニング
トレーナーの先生からマンツーマンで教わります。
テーピング
初めてのテーピング見た目以上に以外と難しいものです。
スポーツトレーナー
健康運動指導士の辻慎太郎先生から丁寧な指導を受けます。
整復実技
授業見学も行いました。柔道整復師の骨折実技です。
骨折実技
鑪野校長先生から柔道整復師の真髄を教わります。
大阪府柔道整復師会専門学校では、2月16日(土)「実際の競技現場で用いらている!プロのテーピング方法を体験」と題して、スポーツトレーナーのお仕事体験を行いました。
 
ご担当頂きましたのは、健康運動指導士で幼児体育指導からスポーツ現場でのトレーナー、高齢者の体力づくりの為の運動指導、また、運動生理学分野の研究者としてもマルチにご活躍中の 辻 慎太郎 先生です。
 
春のオープンキャンパス企画として行ったスポーツトレーナーのお仕事体験ですが、見てるのとやるのとでは大違い驚いた顔
プロならではコツやポイントを、マンツーマンでご指導させて頂きました。
 
さらに、柔道整復師が接(整)骨院の開業の中でや勤務する傍らで、どれだけ今までスポーツと関わり、応急手当やケガ(外傷)の治療、後療法としてのリハビリテーションを行ってきたかの柔道整復師術の真髄もお伝えさせて頂きました。
 
体験や発見がイッパイの本校のオープンキャンパスオススメ(赤)上に曲がる右矢印(黄)上に曲がる右矢印(緑)
 
次回は、今期最後となるイベントです。
3月2日(土)の体験実技は、コチラも人気企画である「ストレッチ」です。
 
次回も乞うご期待下さいね口を広げてにっこりした顔上を指す人差し指(手のひらが手前)
 
 

NSCAトレーナー養成講座 特別編を開催しました

2019-02-13
カテゴリ:スポーツトレーナー
【動画】NSCA-CPT松本健二先生の講座です。
パーソナルトレーニング
パーソナルトレーニングの実際を教わりました。
トレーニング
クライアントの姿勢を正しく把握することから始めます。
NSCAトレーナー
トレーナーを目指す学生さんには良い刺激になりました。
野球
運動時に体の角度は何処で作っているのかが重要です。
体幹トレーニング
体幹を意識したトレーニング方法を教わりました。
スポーツが大好きで、将来はプロスポーツ選手のサポートやトレーニングコーチをしたい、オリンピック選手が所属するナショナルチームのスタッフとして関わりたい…等、そんな大阪府柔道整復師会専門学校の学生さんを対象に、本校では国際トレーナーの教育団体であるNSCAさんの協力の下、トレーナー養成講座を開講しています。
 
今回は、その特別企画として NSCA-CPTであり、パーソナルトレーナーとして数々の有名選手やオリンピック強化選手のサポートにあたられている、NSCAジャパンディレクターセミナー講師でもある 松本 健二 先生にお越し頂き、パーソナルトレーニングの実際をご講演頂きました。
 
松本先生は現在、整骨院を開業する傍らでスポーツジムの経営もなされています。スポンサーとの関係で、実際のお名前をブログに書けないことが悲しいですが、超有名な日本代表選手やプロの選手などのパーソナルトレーニングを現在もされておられます。
 
たまにテレビの取材などでその選手がインタビューを受けておられる際、松本先生が映り込んでいることがあるので、是非探してみて下さい。
 
そんなパワフルな先生から、NSCAの情報なども交え、仕事への取り組み方から、実際のトレーニング指導現場の様子、パーソナルトレーニングはどのように行えば良いのかを、1人1人に熱心にご指導頂きました。
 
本校では、高度専門士として文部科学省から「高度な専門的職業人」であることの証を卒業時に頂けます。その為、スポーツ分野のトレーニング指導にも力を注ぎ、一流の講師陣にてその指導にあたっています。
 
皆さんも本物の活躍できるトレーナーを目指すなら、是非本校でじっくり確実に学ぶ選択をしてみて下さい。短期間でコンパクトに勉強しても、一生ものの知識は身に付きません!!

本校特別講師 泉建史トレーナーが最優秀指導者賞を受賞

2019-02-09
カテゴリ:スポーツトレーナー
忘年会
NSCAジャパンカンファレンス /授賞式記念撮影 日本の最優秀指導者賞の泉建史トレーナーをはじめ、NSCAジャパン賞、永年継続会員賞で表彰されたメンバー、NSCAジャパン理事長篠田邦彦氏より表彰。
パーソナルトレーニング
NSCAアメリカ本部理事長Travis Triplett(トラビス トリプレット)氏、理事長篠田邦彦氏、事務局長阿部良仁氏、海外ゲストと 授賞記念写真。
トレーニング
NSCA(National Strength and Condittioning Association)は国際的な教育団体・資格団体。
NSCAトレーナー
世界の強豪国は多く、ヨーロッパ遠征をはじめ他国や日本でできるトレーニングの構築の役目も担う。フィジカルコーチ/フィジカルトレーナーとして運動指導だけでなく戦略をたて競技に合うフィジカル教化とアスリートとして基本的な強化や戦略、プログラムの構築をするのも泉トレーナーの仕事である。プログラム構築にはNSCA文献も活用されている。
国際舞台でナショナルチームの強化やプロスポーツに関わる泉建史トレーナーです。
NSCAカンファレンス後援/厚生労働省・経済産業省・日本スポーツ振興センター・日本スポーツ協会・公益財団法人健康・体力づくり事業財団・公益財団法人笹川スポーツ財団・財団法人日本フィットネス協会・ジャパンアスレティックトレーナーズ機構(JATO)、NPO法人ジュース(JWS)etc
2019年1月26日(土)大阪府柔道整復師会専門学校で特別講師をお務めの泉建史トレーナーが、国際資格NSCAカンファレンスの授賞式にて日本における『最優秀指導者賞』を受賞されました。
 
NSCAにはNASA(アメリカ航空宇宙局)にて宇宙空間のレジスタンスエクササイズの研究チームにもいたトラビス氏をはじめ、長年オリンピックナショナルチーム、メジャーリーグはじめトレーニング構築など運動・スポーツ・健康分野で活躍した多くの方々がおられるそうで、「National Strength and Condittioning Association」の略、国際的な教育団体・資格団体で世界52ヶ国にスポーツ科学・健康科学・トレーニングの分野でスポーツ現場の最先端の情報と研究をもとに指導・教育を実施している機関です。
 
トレーナー、教育分野、スポーツ分野、健康分野に関わるナショナルチーム、プロスポーツ(プロ野球、Jリーグ、Vリーグ、海外メジャーリーグ、NBA  など)、実業団大学含め学校、フィットネス、医療関係に関わるスポーツトレーナー・S&Cコーチ・フィジカルコーチ・教育指導者で素晴らしい功績をあげたと認められるものに対して、NSCAがその功績を讃えて「最優秀指導者賞」を授与します。
 
過去にはオリンピックのトレーナー、プロスポーツ優勝チームに貢献したトレーナー、健康分野の日本の第一線のトレーナーなど表彰されている名誉ある賞です。
 
その最優秀指導者賞(パーソナル・トレーナー・オブ・ザ・イヤー)に、今回本校の特別講師、日本オリンピック委員会強化スタッフ・フィジカルコーチの泉建史氏が選ばれました。
 
授与後の受賞スピーチでは、「多くの方より学ばせていただきました。献身的な心の大切さ、熱を伝える大切さ、ともに歩む大切さを教えていただいた皆様へ深く感謝いたします。これからもそんな皆様とスポーツ・健康の発展、未来に向けて邁進してまいります。」(中略)「NSCAではナショナルチームやプロスポーツに関わる方、フィットネス、医療分野、教育分野に関わる方が多くお手本にさせていただく方ばかりです。この受賞は私だけで授与したものだけではなく、そういった研鑽をいただいた皆様と所属であるナショナルチーム、プロスポーツ機関、クラブのメンバーと受け取ったものだと思っています。忘れがたい日になりました。トロフィーの重みを感じます。」とのお話がありました。
 
今後も研鑽を続け日本のスポーツ競技のトレーニング、健康、教育を、未来に向けて多くの方と協力して構築発展していくとのことですので、これからも本校の特別講師として、学生さんへのご指導を引き続き継続して頂くことをお約束させて頂きました。本当にこの度は、おめでとうございました。
 
(泉建史氏 略歴)日本オリンピック委員会強化スタッフ/医・科学スタッフでナショナルチームのフィジカルコーチ/日本代表トレーナーとして関わり、またプロスポーツ機関の育成をはじめとして国際舞台にむけてトレーニングの構築をする泉トレーナー。国際団体の組織委員会/委員長として全国の運動指導者の育成にも携わる。健康メッセやカンファレンス、行政健康事業でも登壇。日本のスポーツ競技、健康事業、行政事業や教育分野の発展に貢献。アメリカスポーツ医学会運動生理学者取得、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー取得。専門分野は『トレーニングに対する適応』『フィジカルトレーニング理論』。2019年1月国際資格NSCAカンファレンスの授賞式で日本の『最優秀指導者賞』を受賞。カンファレンス後援:厚生労働省、経済産業省、日本スポーツ振興センター、日本スポーツ協会etc。
 
 
大阪府柔道整復師会専門学校
〒550-0004
大阪府大阪市西区靭本町3-10-3
大阪柔整会館3階
TEL.06-6444-4171
FAX.06-6444-4172

公益社団法人 大阪府柔道整復師会が
専門的医療人を育成することを目的に、公益事業として設立
柔道整復に特化した4年制専門学校

TOPへ戻る