本文へ移動

VCOJTA BLOGブログ

卒業生が「第8回大阪学術大会」で活躍しました

2014-11-15
先日ご紹介させて頂きました、11月8日(土)、9日(日)の2日間の日程にて開催された「第8回大阪学術大会」には、本校を巣立っていった卒業生の皆さんも、忙しい臨床の合間をぬって研究発表を行い、大いに活躍をしてくれました。
 
期生の増井 裕亮さんは、「驚愕反応に及ぼす快および不快情動の影響」を発表し、4期生の三ツ山 尚杜さんは、「高校生の運動実施者と非実施者におけるレジリエンススコアの比較と評価」を発表、3期生の秋山 雄亮さん、4期生の井上 知保さん、4期生の伊丹 健雄さん達は共同で「柔道形の投げ動作における初心者と有段者の動作解析」を発表しました。
 
とても興味深く、新規性のある論文で、頼もしい限りでした。
大阪府柔道整復師会専門学校で学んだことを、こうして実践してくれる卒業生は、立派でたくましいです。
 
医療人になるなら、やはり4年制でじっくり学ぶことが、のちの進路や未来に大きく変化をもたらすと思います。国家試験の合格だけが目的ではないはずです。是非とも、本校のカリキュラムで、学んで頂き、真の医療人を目指して欲しいと思います!!
 
卒業生の皆さん、この度は本当にありがとうございました
 
大阪府柔道整復師会専門学校
〒550-0004
大阪府大阪市西区靭本町3-10-3
大阪柔整会館3階
TEL.06-6444-4171
FAX.06-6444-4172

公益社団法人 大阪府柔道整復師会が
専門的医療人を育成することを目的に、公益事業として設立
柔道整復に特化した4年制専門学校

TOPへ戻る